ゼロからのヒーロー作り♪

『森羅特装 シュラバスター』の話を中心に、徒然と書いていこうと思いますp(^^)q
(注)業者対策で「書いたコメントは管理者の承認が必要」な設定にしています。せっかくコメント頂いてもすぐにはUPされませんがご了承くださいm(__)m
花火を観てきました。
0

    昨年は名古屋市の『みなと祭』花火大会を観に行きました(過去の記事はこちら)が、今年は諸事情あって観に行けなかったこともあり、行きやすかった『第41回 春日井市民納涼まつり』の花火大会に行ってきました。

    会場は春日井市にある落合公園という市民公園ですが、そもそも土地の真ん中で花火を打ち上げられる公園があること自体が驚きです。ただ、面積が広い以外は普通の公園ですから駐車場がそれほどあるわけでもないので、市内各所からのシャトルバスが中心になります。我々の場合はJR春日井駅からバスに乗ったのですが、待ち時間30分は想定の範囲内です。

    自分は初めて行ったのですが、19:30花火開始の70分前に会場に到着して、その段階で公園内は人だらけ、妻を後ろにつけて人ごみからガードしながら移動するだけでも一苦労という状況でした(*_*)

    帰りもバスに乗ろうと思ったら1時間〜1時間半待ちは当たり前のつもりでいないといかんみたいです。我々は帰りは初めから歩いて帰るつもりでしたが、それでも歩行者と自転車で道路は大変なことになってました。来年行ってみようかな?という方の、参考までに。

    花火大会は45分間でしたが、なかなか濃密な感じで楽しめました。一番最後の「グランドフィナーレスターマイン」の模様だけUPしましたので、気分だけでもぜひ味わっていただければと思います。

    この花火大会、観覧は無料ではあるのですが、打ち上げ場所の対岸に『個人協賛シート』というものがあり、1人2,000円の『個人協賛金』を払うとそこに入場して観覧することが出来ます。

    『タダで観れるものに何でわざわざ金を払うのさ?』という考え方もありますが、自分的には2人で4,000円払うだけの価値はあったと思います。やっぱり観やすいんですよね、角度的にも、混みあい方的にも。

    ちなみに動画だけでなく写真も撮ったりしていたのですが

    花火の写真って難しいですね(^^;

     

    8月からまた忙しくなるんですが、その前に良い夏の思い出ができました(^^)

    23:15 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    相撲部屋の朝稽古を見てきました。
    0

      本当に見てきただけですけどね(苦笑)

      大相撲・名古屋場所もあと2日になりましたが、せっかく近くに相撲部屋の宿舎が来ているので、今朝はちょっと足を伸ばして観に行ってきました(^^)どこに行ったか?は一応ナイショでww

       

      ただ場所中の朝稽古は基本動作を中心にウォームアップ的なものが大半で、テレビで観るようなぶつかり稽古だの三番稽古だのと言った迫力あるぶつかり合いが観たいときは、場所中ではなく場所前に行くのがいいでしょう。

      また番付が下の人から稽古を始めるらしく、関取衆が観たければ8時でもちょっと遅いかな?ぐらいで考えておけばよろしいかと。部屋によって多少の違いはあるかも知れませんが。ちなみに9時に行くとほぼ終わってます。

       

      自分の相撲好きは母方の祖母の影響です(ちなみにプロレス好きは母方の伯母の影響です)が、父方の親戚にも相撲好きが多く、小学生低学年の頃だったと記憶していますが、父方の伯母に当時の三保ヶ関部屋へ連れて行ってもらったのを今でも覚えています。

      当時は横綱・北の湖関が現役の頃で、関取衆も多くかなりの活気に満ちていたのが印象に残っています。

      稽古場で北の湖関を見て『うわ、テレビで見た人だ!』と思ったのも、“オーラに圧倒されて近付けなかった”という経験も、その時が人生(当時たかだか10年足らずですが)初めてだったと思います。

       

      伯母は自営業をしていて、確認していませんがタニマチのようなこともしていたらしく、稽古の後に関取衆と写真を撮り、サイン色紙(と相撲界でも言うのかな?)をもらうぐらいの融通は利いたようで、そのときもらってきてくれたのが当時は幕内に上がって4場所で小結に駆け上がって名古屋場所を迎えた北天佑関(後の大関、そして二十山親方ですね)の色紙でした。

      今から思うと大変失礼なことに、それをもらった時の自分のリアクションは『北の湖じゃないの?』だったと思います。北天佑関がその場にいてその言葉が聞こえたのか?はついぞわからずじまい、そして早世されてしまったため今となってはお詫びすら言えませんが、大関、子どもの発言とは言えその節は大変失礼しました。色紙は関取が大関に昇進される中で価値が上がっていることを子ども心に理解したのか、今も実家に保管されている…はずです(コラ)

      今も色あせない、素敵な思い出です。なんでこんないいネタがあったのに夏休みの宿題で絵日記にしなかったかなぁ(苦笑)あ、観に行ったのは夏休みに入る前だったからか。

       

      末筆になってしまいましたが、白鵬関、通算勝ち星の新記録達成おめでとうございます。横綱がこのあと次の目標を何にするのか注目していますm(__)m

      23:36 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      愛知県はだいたい明日から夏休み。
      0

        TVを観ていたら、愛知県の小中学校は明日から夏休みなのだそうです。一部例外はあるでしょうが、そういえば確かに午前中に集団下校の小学生をたくさん見たし、自分の記憶でも1学期は7月20日までで夏休みは7月21日からだった気がします。

        ちょっと気になったので調べてみたら、夏休み期間というのは都道府県ごとで見事に異なるようですね。知らんかった、というか興味がなかっただけですが(苦笑)

         

        ただ、今日は昼過ぎも運転をしていたのですが、道理で自転車に乗った小学生4人組が道路いっぱいに広がって並走し、こちらが接近しても約1名端に寄ろうとせず、そして少ししたらその1名に向かって残りの3名が一斉にこちらの車の前を横切っていくという、まぁこちらも十分に用心しながら走ってますから特に動揺はしませんでしたが、これが運転に不慣れなおばちゃんとかだったらお前らどうするつもりだった?と、ちょっとムカッときました。

        と思っていたその数分後、別の路地に入ったら今度は中学生か高校生ぐらいのヤローどもから同じ目に遭わされました(^^;

        何だろうなー、自転車の運転マナーって今は学校じゃ教えてないんですかね?

        そりゃあこちらは車ですから当然危険回避はしますけど、あまりに回避してもらうのが当然の顔をされるのも何だかなわけです。

         

        ただでさえ愛知県は交通死亡事故の全国ワーストワンで、しかも「方向指示も出さずに車線を変える」「右折レーンを使って追い抜きをかける」「一般道なのに前の車をあおる」といった(他にもいろいろありますが)悪名高い“名古屋走り”という言葉がありますから、こういう子どもたちが10年後には平気で“名古屋走り”をしてるんじゃないかと思うとゾッとします。スマホいじりながら運転しているタワケもまだまだ結構見かけますしね(>_<)

         

        脱線しましたが、夏休みに入ったらこういうムチャな自転車児童が大量に出る恐れがあるので、車を運転される皆さんは十分に気をつけましょう!という話でした。

        何だかなぁ。

        20:53 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ヒアリにビビってました。
        0

          ご存知の方も多いかと思いますが、アタクシ虫が苦手です。特にスズメバチのように刺されると“場合によっては死に至る”虫に関しては、自分はその“場合によっちゃう人”だと勝手に思い込んで、刺されたら死んじゃうんだと1人でビビってます(苦笑)

           

          そこにきて今回のヒアリ(アカカミアリなども含みます)騒動です。最初は『アメリカでは年間100人くらい亡くなっている』という初期報道を鵜呑みにしてワタワタしてました。ハチだったらまだ羽音で気付きそうなものですが、アリだと足元にいたときに気付かなかったりしたらどうするのさ!?という感じです(^_^;

          こういう話に詳しいウチの嫁に言わせれば『騒ぎ過ぎ』の一言で終わってしまうのですが。

           

          で、『年間100人くらい』云々というのはどうも根拠がなくて、実際はそこまで気にしなくてもいいみたいですね。もちろん裸足で歩きまわってたらアリ塚を踏んじゃった、とかは論外だと思いますが(怖)

          刺されても大丈夫、というわけでもないでしょうが、あまり神経質になり過ぎるのもよくないってことでしょうね。

          あと、日本の在来種が撃退するんじゃないか、という可能性もあるみたいなので、やたらめったら無差別に殺虫剤を撒くのはよくないようです。

           

          ネットで見ましたが、ヒアリ対策の合言葉(?)は『ひありおくやみ』だそうですよ(^-^)

           「ひ」…「“ひ”やす」まず刺された局所を冷やして炎症を少し抑える。
           「あ」…「“あ”らう」局所についてる毒を洗い流す。
           「り」…「“り”スクの認識」刺された危険をちゃんと理解する。
           「おく」…「“おく”すり」抗ヒスタミン薬などを適切に使う。
           「や」…「“や”すむ」動くと毒が回るので観察するために休む。
           「み」…「“み”まもる」周囲の人がしっかり見守る。

          抗ヒスタミン薬が…とか、エピペンを自己注射すれば…とか書いてありましたが、対処できる自信がない自分はまずいと思ったらまず医者に行くことにします。

           

          あとはこの騒動が一段落したときが、次の“気をつけ時”なのかも知れませんね。油断大敵というか。

          23:57 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          友、遠方よりフラッと来る。
          0

            …と言っても1週間前の話になってしまいましたが(汗)、福岡に住んでいる友人夫妻が『車であちこちに立ち寄りながら東京まで往復しちゃうぜ旅』を敢行し、復路で名古屋に立ち寄ってくれたので久しぶりに会ってきました。

            12年ぶりですって。そりゃ歳も取るはずですよ(失神)

            場所は離れていますが、キャラショー関係者であったり、あるいはお城好きであったり、共通の話題も多く長いこと仲良くしていただいてます(^-^)

            12年前はこちらから福岡に旅行して、筥崎宮(日本三大八幡の1つですって。)やキャナルシティなどを案内してもらいました。懐かしい。

             

            先週と言えば福岡県南東部から大分県にかけて甚大な被害をもたらした豪雨がありましたが、福岡県も広く、彼らの家は県の南西部なので直接の被害は少なかったらしく、また会った時はまだそれほど深刻な被害が出る前だったのであまり話題にならなかったのですが、さてその後も無事に帰りつけたのやら…?

             

            別れ際『また12年後に』と言って別れましたが(笑)、12年と言わず、チャンスがあれば太宰府などにも行ってみたいものです。しばらくは厳しそうですが…(>_<)

            23:45 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

            07
            --
            1
            2
            3
            4
            5
            6
            7
            8
            9
            10
            11
            12
            13
            14
            15
            16
            17
            18
            19
            20
            21
            22
            23
            24
            25
            26
            27
            28
            29
            30
            31
            --
            >>
            <<
            --