ゼロからのヒーロー作り♪

『森羅特装 シュラバスター』の話を中心に、徒然と書いていこうと思いますp(^^)q
(注)業者対策で「書いたコメントは管理者の承認が必要」な設定にしています。せっかくコメント頂いてもすぐにはUPされませんがご了承くださいm(__)m
1月22日はカレーの日!…でした。
0

    ですって(笑)

    1月22日はカレーの日。1982年1月22日、全国学校栄養士協議会で1月22日の給食のメニューをカレーにすることに決め、全国の小中学校で一斉にカレー給食が出された…のが由来なんだとか。1982年って言ったらアタクシもろにリアルタイムですな。そういえば給食にカレーが出てた記憶はありますが、そんないきさつがあったとは初めて知りました。

    で。

    なんでそんな話になったかというと、我が家の夕食がスープカレーで、数日前もカレーだったはずなのにどうした?と思っていたら『今日はカレーの日だから。』と言われて『そうなの!?』となった次第でして(^^;

    そう言われれば、毎年この時期はカレーの日があったような…。ついでに3年前、今の家に引っ越す5日前の1月22日、奥さん(結婚前)が家に来てカレーを作ってくれた記憶が…。あの時は引っ越し前のバタバタで、すぐにかきこめるものを作ってくれたんだーぐらいに考えてたのですが、今日聞いたら『いや、だってカレーの日だから。』という回答が(笑)二十四節気だけじゃなくて、こういうのもよく覚えてるんですねウチの奥さん。

     

    それにしても学校給食かぁ。

    …あー、ソフト麺が食べたくなってきた(笑)

     

    23:38 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    まだまだPR不足(>_<)
    0

      基本的にこれといった特産物がない尾張旭市を『紅茶の美味しい店・店舗数日本一』という取り組みで盛り上げようとする有志がいて、それと共働しながら子どもたち世代にまでアピールするために『紅茶宣隊ティーバトラー』を立ち上げたというのに、生来の怠けグセのせいかなかなかPRするに至っていません。

      今年の自分の中での方針案(メンバーにはまだ承認をもらってないので)として考えていることに

       ・ティーバトラーを市外のイベントに送り出す

       ・発信力をとにかく高める

      というのがあるのですが、実行力が伴っていません。それは自分が紅茶というものに対して勉強不足だから…という部分も否めないのですが、せっかくリンアンのマスターがTwitterなどで積極的に発信しているのだから、それを転用(?)するだけでもまずはPRの一助になるのではないか?と思いまして…。

      写真を載せてみました(^^;

      あと、キレイにまとめていただいた記事がありますので、ぜひこちらもご覧になってください。

       

      …うーん、サボっちゃいかんね、自分。

      23:21 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      タウンミーティングに参加してきました。
      0

        昨日の話になりますが、尾張旭市の市民活動支援センター事務局さんと連絡協議会さんが、同じ尾張旭市内に名古屋産業大学や名古屋経営短期大学を運営している菊武学園さんと組んで、学生さんたちがこの地域(尾張旭)で頑張っている市民活動団体のことを学ぼう!という意図(だと思います。推測ですが)での“タウンミーティング”を開催してくださったので、参加してきました。

        こういう催しは自分がなかなかスケジュールが合わず滅多に参加できないだけに、今回はいろいろ楽しみにしながらお邪魔しました。

         

        最初に挨拶と名古屋経営短期大学各学部の紹介、続いて登録市民団体が各団体2分30秒の持ち時間で自分たちの団体の紹介やPR、そのあとフリータイムで学生さんたちが気になった団体にさらに話を聞きに行く…という進行でした。

         

        尾張旭ローカルヒーロープロジェクトのPRタイム、個人的には『スーツを着て話す風牙さん』という演出を用意して行ったのですが、タイミングを逸して風牙さん憐れ置物と化してしまいました(苦笑)

         

        フリータイムはいきなり『では、どうぞ!』という形で始まったので、こちらから学生さんたちの席へ行けばいいのか、逆に待っていればいいのかわからず戸惑っていたら、どんどん学生さんたちが集まってくれて、用意した名刺もだいぶ無くなりました(^-^)

        学生さんたちは今回聞いた話をレポートとして提出しないといけないようでしたが、それでもこれが興味の引き金になってくれたら…と思うわけです。

         

        一口に「地域貢献」と言ってもいろんな形があるし、その中で我々のように子どもたちとその親御さんを対象にしているものとしては、子どもたちが元気になってくれたらそれがそのまま地域への貢献になる、と思うのですよね。

        ウチの奥さんもよく言いますが『子どもたちが元気だと地域も元気』という考え方はその通りだと思うわけで。

        そしてそれは大学生ぐらいの年頃の人たちにも言えることだと思います。彼ら世代が盛り上がっている地域はやはり活性化しているように映りますので。

         

        というわけで、あの中から「一緒にやってみたいです!」という気概のある学生さんたちが出てくるのを楽しみにしています♪

        21:37 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        体がなまってます(>_<)
        0

          昨年終盤からこのブログでもちょくちょく取り上げていた「ジム通い」ですが、12月は風邪に悩まされてきて、1月になって異動で生活パターンが変わって…でなかなか行けておらず、自分でもわかるぐらいせっかく付いてきた筋肉が元に戻ってきていたので、今日は時間を取って今年の初のジム登場。

          ですが…

          自分で予想していた以上に体力落ちていました(>_<)

          スタジオプログラムで「ボディコンバット」という格闘技を取り入れたフィットネスプログラムを初めてやってみまして、自分も長くアクションをやってますからそれなりの自信はあったのですが、30分過ぎたあたりから息が続かなくなり、動いている時はまだいいのですが、休憩で動きを止めると目の前が白くなってくるという体たらく(苦笑)

          いかんですね。また頑張りますm(__)m

           

          23:47 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          今度の木曜日に…
          0

            とある地域交流のイベントがありまして、地元への密着力に課題があるウチとしては絶好の機会という事で、発表用資料を気合い入れて作ってました。

            PowerPointで7ページ、これを2分30秒で喋らないといけません。

            『ティーレッドの格好で喋ったら?』とか言われてますが、たぶんそんな余裕はありません(苦笑)ただ、これに参加することで何か良い動きが生まれるといいなぁと切に思っています。

             

            さて、資料を作る前に最近のティーバトラーの宣材画像がない(シュラバスターほどではないですが、ティーバトラーも昨年ちっちゃーくマイナーチェンジをしているので)ことに気付いていたので、最近のイベントで奥さんが撮ってくれた写真をベースに作ってみたのがこれ↓

            ちょーっと仕事が粗いかな、とプチ反省(^^;

            シュラバスターも風牙さんのリニューアルがまだ完了していないので、早く終わらせて写真を撮り直さないと。

            あぁやることは尽きない…。

            23:45 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

            01
            --
            1
            2
            3
            4
            5
            6
            7
            8
            9
            10
            11
            12
            13
            14
            15
            16
            17
            18
            19
            20
            21
            22
            23
            24
            25
            26
            27
            28
            29
            30
            31
            --
            >>
            <<
            --