ゼロからのヒーロー作り♪

『森羅特装 シュラバスター』の話を中心に、徒然と書いていこうと思いますp(^^)q
(注)業者対策で「書いたコメントは管理者の承認が必要」な設定にしています。せっかくコメント頂いてもすぐにはUPされませんがご了承くださいm(__)m
一巡しました。
0

    プロ野球が開幕して、ドラゴンズも14日(日)のタイガース戦で対戦が一巡しました。

    5チームと対戦して14試合(本来なら3戦×5チームで15試合になるところ、日程の関係でジャイアンツだけ1試合少ないため)終了して7勝7敗の5割ちょうど。

    昨年の一巡終了時が6勝9敗だったので、まずまずというところでしょうか。開幕前の下馬評が5位とか6位ばかりだったことを考えると、よくやっているとも言えそうで(^^)

     

    順位こそ4位ですが、チーム成績で言うと防御率がリーグ3位、でも失点数はリーグで1番少ないという、投手陣の不安が叫ばれ続けたチームとは思えない好成績(^^)

    打つほうも打率は何と(?)リーグ2位、ホームランは4位ですが、これもビックリ盗塁数がぶっちぎりの1位!全然走るイメージのないチームだったのに。しかも失策数もわずか4つでベイスターズと並んで1位タイの少なさ、最下位に苦しむカープの19失策と比べると余計に際立ちます。

    こういった数字から、今年一新された首脳陣からはいわゆる「スモールベースボール」、それもかなり基本に忠実な野球がやりたいのかな?という意図が見えてきます。いいんじゃないでしょうか?昨年まで6年間いろいろボロボロだったチームですし(^-^;

     

    あとは選手起用の方法ですね。『調子の良い選手を使う』という言葉はいろんな監督からよく聞かれますが、開幕戦でショートレギュラー安泰と見られていた京田を外して堂上を使い、その堂上も数字が上がらないと阿部との競争に置かれたり、捕手はいろいろ不安があっても加藤を育てようという意図が見えたり、あるいは佐藤(優)が開幕からずっと使われなかったり…と、その言葉を実践しているように感じます。

     

    その中で、個人的に首脳陣の意図を象徴するのが三ツ俣の起用法じゃないかな?と。

    昨年まったく見せ場がなく「クビ候補一番手」と言われた選手(すみません、自分もそう思ってました…)が、今年ファームで好調と見るやスパッと一軍に上げてすぐスタメンで使う…というところに驚かされました。少なくとも昨年までなら考えられないことです。

    三ツ俣本人も、結果こそ出てませんがプレーに必死さが見えて(空回りもしてますがww)好感が持てますし、何より彼がすぐにチャンスをもらったことで、いまファームにいる選手たちも『もしかしたら自分も…』という気になってもおかしくないわけで、そういう点でも絶妙の起用法だったと思います。

    崖っぷちと思われた井領や遠藤、阿部たちの奮闘も含めて、5割という成績以上に見ていて納得感はあります。やっぱり首脳陣の人選って大事なんですね(苦笑)

     

    まだまだ先は長いですが、期待しすぎない程度に見守りたいと思いますm(__)m

    …あぁ、また長文になってしまった(失神)

    23:27 | スポーツ関係 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    両方勝つと安心する。
    0

      下條村振り返りシリーズはちょっとお休み(笑)。

      今日はドラゴンズとグランパスが揃って勝ちました。今年のJ1は水曜日にカップ戦、土曜日にリーグ戦(一部金曜や日曜にもやりますが)という感じの進み方で、そうなると土曜日は特にドラ・グラ両方の結果が気になります。

      ドラゴンズは開幕2試合目、昨日の負け方が内容もよろしくなかったので心配しましたが、今日はスカッと勝って与田監督に1勝目をプレゼントできました。監督の『このボールは自分の棺おけに入れる』というコメント、選手は嬉しくなるんじゃないかなぁと思いました。与田監督はさすがキャスター経験者、言葉の使い方と出すタイミングが上手だと感じますし、それは彼自身も大きく関わった星野仙一さんに通じる部分かとも思います(^^)

      解説者の金村義明さんが『現場は伊東ヘッドが見て、監督はもっぱら“広報”』という旨のコメントをされていましたが、言い得て妙というか、なんかイメージ湧くなぁと(笑) その分業が上手くいってるのなら、それもアリだと思います(^^)

      たかが1勝、ではあるんですけど、何か安心しました。

       

      グランパスはここまで好調ですね!適材適所の補強が上手くいき、かつ生え抜きの和泉や新人の相馬らがいい感じでミックスされて、こちらが驚くぐらい今シーズンは負けてません。

      とは言えこれがどこまで続くか…などとすぐ考えてしまうのは今までの経緯があるからですが、さて今年はどこまでこの好調をキープしてくれるか。

       

      何にせよ、両方が揃って勝つとちょっと気分がいいです(^^)

      22:37 | スポーツ関係 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      白覆面の魔王
      0

        昨日、新日本プロレスの獣神サンダー・ライガー選手が来年1月の東京ドーム大会で引退すると発表し、大学生だった頃から応援していた身としてはかなりの寂しさを覚えていたところ(ライガーさんについては引退される頃に改めて書くと思いますが)今日は“白覆面の魔王”ザ・デストロイヤーさん(リチャード・ベイヤーさん)の訃報が入ってきました(T_T)

        享年88歳。もっと歳がいってるのかと思ってましたが、それでも十分大往生ではないかと。プロレスラーって相撲取りの人と一緒で体に負担をかけてる分どうしても若死にされる方が多いので、その基準で言えば88歳は長生きの部類でしょうね。

         

        デストロイヤーさんがリング上でファイトされているところって、観ているはずなのですがほとんど記憶になく、Twitterには書きましたがどちらかというとテレビのバラエティ番組でアッコさんにピコピコハンマーでピコッと叩かれてる印象のほうが強かったりします。

        悪役という立ち位置ではあったものの、愛嬌があってきっと人柄もステキな方なんだろうなぁと勝手に想像していた記憶があります。

         

        最期は奥さまはじめ家族に見守られて旅立ったそうで、そういう点でも“非業の死”が多いプロレスラーの中では珍しい感じです。が、いわゆる豪放磊落を地でいくような人が多い昭和のレスラーの中では、どちらかというと現在のアスリートに近い節制とトレーニングをされていた印象で、一昨年も日本政府から日米の青少年交流に貢献した外国人叙勲者として旭日双光章を与えられていましたが、そういった善行が家族に見守られて旅立つという形で報われたんじゃないかな?という気がしてなりません。

         

        映像でしか観たことないですが、力道山に足4の字固めを仕掛けるデストロイヤーとそれをこらえる力道山…という構図は結果を知っていてもハラハラするものがあって、ほんとレスラーとしても千両役者だったし、日本のプロレスを盛り上げるのに大きく寄与した大功労者だと思います。

         

        長い間お疲れさまでした。ご冥福を心からお祈り申し上げます。

        23:55 | スポーツ関係 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        開幕と終幕
        0

          Jリーグが開幕しました。

          一見地味だけど実は各ポジションに「ヨソでくすぶっていた(失礼)実力者」たちを獲得し、「名よりも実を取る」補強をした印象のグランパス、さて今年は…と思ったら、ここも補強にお金をかけた印象のある鳥栖に対して4−0という予想外の大勝発進になりました。

          ジョーの2得点はさすがだし、逆に前半押し気味に見えたホームの鳥栖は、先制点を取られてから急にバタつき始めた印象があって、もしかしたら監督も代わったばかりだし、先制された時の約束事が徹底されてないのかな?と感じました。鳥栖もチームが熟成してくれば強くなる感じがするし、その前に1勝できて良かったかも知れません(^-^)

          ジョーも良かったですが、2点目のアシストをした吉田豊のクロスも素晴らしかったし、そのあと交代で入った選手たちが3点目(相馬)4点目(和泉)と決めていったのも、今後に向けて明るい材料です。特に和泉の4点目は、その前の杉森のヒールパスからのシュートという流れが鳥肌モノでした。今日は風間監督、交代策が的中しまくってましたね。

          まぁでも序盤で浮わつくと昨年みたいなことになりかねないので(苦笑)話半分ぐらいにしておきます。4得点したのも素晴らしいですが、個人的に気になっていたWボランチ(米本・シミッチ)が効いたのか無失点で終えられたのも、今後が楽しみになります。

           

          さて、JのあとはTリーグです。

          開幕から最下位ぶっちぎりだったTOP(トップおとめピンポンズ)名古屋も、その後は少し持ち直し、シーズン残り2試合となった今日の時点で、対戦相手の日本ペイントマレッツに勝つとシーズン3位決定、逆に負ければシーズン最下位決定…というわかりやすいシチュエーションまでは持って来れました。そして3位で終わるか最下位で終わるか注目の一戦で!!

           

          …あっさり負けました(^_^;

           

          なんだろなー、卓球って団体戦とは言っても結局個人戦の集合体みたいな印象なので、チームの監督って選手の試合順を決めるぐらいしかやることがない(実際はそんなわけないことぐらい承知してますが)と思ってたのですが、今日の敗戦はさすがに監督のオーダーミスじゃないかという気がしてなりません。監督、大一番という認識はあったのかな…?

          まだ明日は最終戦があるのですが、悲しいかな消化試合と化しました。選手もそんなに力が劣ってるとは思わないのですが、シーズン通して『いまこのポイントを取れば』『いまこのゲームを取れば』『いま彼女が勝ってくれれば』という“流れの分岐点”をことごとく落とした末の最下位決定…という気がします。

           

          まぁマイナスから作り上がってきたチームだと思うので初年度は仕方ないのかな、と思ってますが、大事なのは来シーズンですね。

          ここでも成績が上がらないようだと…

          いろいろマズいことが起きる気がしてなりません。

          まずは明日の最終戦、いい形で締めくくってもらえたら、と思いますm(__)m

          23:56 | スポーツ関係 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ベイダー対アンドレだってよ!
          0

            今日、大阪で昨年亡くなったプロレスラーのマサ斎藤さん(享年75歳)追悼大会があったのですが、事前の記事に気になる文言がありました。

            『TPG』『新ベイダー』

            TPGはあの「たけし軍団」による「たけしプロレス軍団」で、彼らが新日本プロレスに連れてきたのがビッグバン・ベイダー、そのマネージャー役(?)を務めたのがマサさんというご縁で、このブログを読んでくださっている方ならマサさんが亡くなった時もベイダーさんが亡くなった時も書いたのでご存知だと思います(^^;

            今回は大人の事情により(笑)TPG=「天空プロレス軍団」だそうで、新ベイダーのリングネームも「ビッグマン・ベイダー」。うん、まぁそこはいろいろありますからwww

             

            それにしても『新ベイダー』という響きにワクワク感をかき立てられてました。どうしてその時点で対戦相手の名前を気にしなかったのか、今となっては不覚です(苦笑)

            まぁそれはともかく、『ベイダー対アンドレ』ですよ!年代がちょっと違うので実際は実現しなかった(はずの)夢の顔合わせがこちら!!

            …いや何言ってるんですか、間違いなくベイダー対アンドレじゃないですか。ただし『ビッグマン・ベイダー対アンドレ・ザ・ジャイアントパンダ』ですけどね(爆)

            ちなみに詳しい内容を知りたい方は、スポーツ報知さんの記事へどうぞ♪

             

            いやー、くだらないww

            でもこのくだらなさを肩の力抜いて笑い飛ばせるのがプロレスの魅力の1つです。

            てゆーか、レスラーもくだらないことを体張って全力で表現する、だから自分は総合格闘技よりプロレスのほうが好きなのです(^^)

            22:57 | スポーツ関係 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            祝・初優勝!
            0

              アタクシ自身は先週から結局停滞したままですが、今日はちょっとそれは横に置いといて…。

              大坂なおみ選手、全豪オープン初優勝おめでとうございます!

              そして玉鷲関、初の幕内最高優勝おめでとうございます!

               

              大坂選手については既にいろんな方がコメントされているのでここでは譲りますが(笑)、それにしてもあのちょっととぼけたようなユーモアのある受け答えと、『かわいいじゃねーかこのやろう』的な立ち居振る舞いが個人的にもお気に入りです。優勝したあとの記念撮影で、周りがみんな片膝立ちになっているところをセンターで1人だけチョコンと正座してる画とか大好きですww

              まだ21歳、これからの活躍がますます楽しみです。

               

              対照的に34歳という歴代2番目の高齢初優勝となった玉鷲関、2008年の新入幕からここまで10年以上かかったものの、裏返せば10年以上も幕内で取り続けているわけで、それはそれですごいことですし、何よりこの方、初土俵から一度も休んだことが無いというのは驚異的な自己管理能力の持ち主ではないかと思ってます。

              人間的には悪いウワサなんて聞かないし、朴とつとした見た目に反して裁縫とお菓子作りが得意というギャップとか、愛され要素満載です(笑)

              彼の相撲自体も、突き押し中心ではあるのですが何回も『うまいなぁ。』とうならされたことがあります。

              何と言っても下積みの長かった人間が報われるのを観るのは幸せな気分になります。そしてこのめでたい日に、第2子の誕生が重なったとか。本当におめでとうございます。

              そして片男波親方もおめでとうございます。3人しか力士がいない小規模な部屋から優勝力士が出たのはすごいことだと思います。

               

              さて、明日からまた日常が始まります。そろそろ現状を打開したいなぁ…。

              23:36 | スポーツ関係 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              引退日和?
              0

                今日は朝から横浜Fマリノス・中澤佑二選手が引退を発表し、『あー、この人はカズさんみたいにずっと現役で頑張る気がしてたからっ残念だなぁ。』と思っていたら今度は夕方に名古屋グランパス・楢崎正剛選手の引退が発表され、驚いてる間もなく今度はレスリング・吉田沙保里選手が引退するとのこと。…ついでみたいで申し訳ないですがソフトバンクホークス・攝津正投手まで…

                 

                …今日ってそんなにお日柄が良かったでしたっけ?

                 

                今日は「友引」だからそんなに良いとは言えない感じ。何なんでしょうね?

                やっぱり、たまたま?

                 

                まぁそれはともかく、名古屋圏のスポーツ好きとしては楢崎選手の引退はやっぱり衝撃と言うか、『あー、ついに来てしまったか。』という感じです。

                名古屋に来てくれて早や20年、今年は試合に出れそうな下のカテゴリーに移籍して1〜2年頑張るか、でも最後は名古屋で引退してほしいという勝手な思いもあって複雑だったのですが、そうか決断したか、と。寂しいけどそこは尊重したいと思います。

                これはもうアレですね、グランパスさんとFマリノスさんに話し合ってもらって、W引退記念試合をぜひ組んでもらいたいと思います。

                楢崎選手も中澤選手も、先に引退した川口能活さんのように『これが最後の試合!』というのを経験していないので、何とか2人に花道を用意してあげられないのかな、と切に願いますm(__)m

                 

                あとは吉田選手。この人が本気でタックルに入ったら切れる選手なんかいるのかな?というぐらいの凄みがある選手でした。リオであれだけボロ泣きした人が、引退表明ではすっきりした笑顔で話をされていたのが印象的でした。

                彼女の前にはいろんな道が開けていると思いますが、どの道を選ぶのかとても楽しみです。

                 

                皆さま、長い間お疲れ様でした!

                23:30 | スポーツ関係 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                野球もサッカーもひと段落。
                0

                  まずは祝・名古屋グランパスJ1残留決定(^^)

                  内容的には褒められたものではないし、実際最終戦で湘南に2点リードされた時は2年前とほぼ同じ状況になって『あぁやっぱり今回もこうなるのか。』と嘆き、そのあと頑張って同点には追いついたもののそのまま終了、他会場がこのまま終了したらプレーオフに回る状況になった時も『あぁ最後頑張ったけどわずかに及ばずか…』と諦めかけたラスト1分ぐらいのところで磐田が勝ち越しを許してそのまま試合終了、グランパスはタナボタで残留決定という、こんなこともあるんだなぁと思わずにいられない展開でした。

                  来年もJ1で戦えるのはよしとして、結局今年も改善されなかった守備をどうするのか、そしてガブリエル・シャビエルをはじめ契約が満了する選手たちをどうするのか、まだまだ心配は尽きません(^_^;

                   

                  さてドラゴンズ、根尾くん効果で盛り上がるのかと思いきや思いのほか無風状態、FA選手にマネーゲームで勝負する気が無い(出来ない?)のは理解するとして、トレードを仕掛けてこないか期待したんですけど今のところ無いですね。

                  そうこう言っているうちにガルシア投手の代理人と折り合いが合わず契約を断念、ガルシア退団というショッキングな事態になって、『何か起きると思ったらそっちかよ!』とツッコまざるを得ない状況に(苦笑)

                  でもその翌日(だったかな?)にはロメロ投手の獲得を発表…ということは森さん、ガルシアの代理人との交渉が不調と見て既に手を打っていたというわけですな。ほんとにこの方、編成部長が天職のような気がしてきた(苦笑)

                  まぁいないものは仕方ない、現有戦力に頑張っていただきましょう。

                  …ビシエドやアルモンテたちは本当に大丈夫だろうな…?保有者名簿に載っていたからと言って、正式な契約が交わされるまでは油断できないんですけど(汗)

                   

                  まぁどちらも来年、下位からの巻き返しを期待しましょう。名古屋のチームの不振が続きすぎです。

                  そしてもう1チーム、TOP(トップおとめピンポンズ)名古屋。開幕7試合で1勝6敗のダントツ最下位。参入1年目とはいえ、今週末のホームゲームなどで巻き返してもらわないと…。

                  21:45 | スポーツ関係 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  しかし1勝が遠い。
                  0

                    先月開幕した卓球『Tリーグ』に、名古屋からは女子の『トップおとめピンポンズ名古屋(通称:TOP名古屋)』が新規参入しましたが、開幕から5試合を戦って5連敗、参加4チームの中で唯一勝ち星がありません。

                    “新規参入”と書きましたが、他のチームと違ってそれまでの卓球国内リーグである日本リーグに全く関わってこなかったことからこう表現しました。まぁ何しろいろいろ手探り状態のチーム作り真っ最中です。

                    他チームがそれまでのコネクションも活用して国内の有力選手を確保する中、海外に活路を見い出して世界ランクの高い外国人選手を集めた「多国籍軍」の様相で、それはそれでユニークで良いと思っていて、メンバー的には1勝も出来ないような顔ぶれではないし、試合内容的にもほとんどが「惜敗」なのがもどかしいところではあります。

                     

                    ネットではさっそく「お荷物チーム」なんて書かれたりしてますが、その言葉を聞いて、ではJリーグ・浦和レッズの1年目はどうだったか?プロ野球・東北楽天の1年目はどうだったか?と考えたらまだ悲観するほどではない気がします。

                    「多国籍軍」というコンセプト自体はいいと思うので、何かきっかけがほしいところです。

                     

                    ちょっと仕事の絡みからご縁があって個人的に応援(なので尾張旭ローカルヒーロープロジェクトはこの話題には関係ありません)することになりましたが、試合自体は面白いですし、メゲずに(?)応援を続けます。

                    何とかまず1勝してほしいです(>_<)

                    23:56 | スポーツ関係 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    与田ドラゴンズ
                    0

                      与田新監督を迎えたドラゴンズの新体制が発表されました。

                      6年連続Bクラスのチームを預かる新人監督がどれぐらい出来るものなんだろうか?という懸念もある中、やはり目を引かれたのは伊東勤ヘッドコーチの就任です。

                      メディアによって「見通し」と出たり「決定」と出たり、どれが本当の情報か困る状況でしたが、今日正式発表されてホッとしています。与田さんに決まる前は『伊東監督説』も出ていて、自分としては監督として日本一にまでなった方なので、縁もゆかりもないドラゴンズではあるけども来てくれたら嬉しいな、と思っていたのが与田監督に決まり、与田さんには申し訳ないけどちょっともったいない感があってガッカリしてたらまさかの『与田監督・伊東ヘッド体制実現』で久しぶりにワクワクします。

                      ここはもう伊東さんが年下の与田さんをどれだけ立てられるか、逆に与田さんが伊東さんにどれだけ腹の内を見せられるか…次第でとても面白いコンビになりそうです(^-^) …逆のパターンになったら最悪だ…。

                       

                      あとは、もっとドラゴンズOBで固めてくるのかと思ったら、土井さんの後任なんて誰がやっても荷が重そうな打撃コーチに村上さん、今年最大の懸念材料だった投手コーチは阿波野さんと赤堀さん…ってなぜか近鉄OBで固まってるww

                      かと思えばドラゴンズOBも中村武志さんが久しぶりに戻ってきてバッテリーコーチ、引退したばかりの工藤さんがそのまま1軍の外野守備走塁コーチ、そして2軍はかなりドラゴンズOB色が強くなった感じで、留任組も含めてずいぶんバランスを考えたな、という感想です。

                      個人的には伊東ヘッドと中村コーチで、何年たっても安定しない捕手陣を何とかしてほしいと期待してます。とりあえず『すぐに外角一辺倒の配球になる』残念なインサイドワークを矯正してやってくださいm(__)m

                       

                      とは言え、実際にプレーするのは選手ですから。ただ近年になく球団がコーチにお金をかけたな、という印象もあるので、根尾くん効果も手伝って、ぜひ来年は松坂効果以外の話題で主役になってもらいたいものです(^^)

                       

                      あ、あとついでに。ドラゴンズがちょっといい流れになってるので、あとはJ2逆戻りへ崖っぷちのグランパスと、Tリーグが開幕して女子で唯一勝ち星なしでいきなり最下位のTOP名古屋にも頑張ってもらいたいです。

                      22:23 | スポーツ関係 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                      04
                      --
                      1
                      2
                      3
                      4
                      5
                      6
                      7
                      8
                      9
                      10
                      11
                      12
                      13
                      14
                      15
                      16
                      17
                      18
                      19
                      20
                      21
                      22
                      23
                      24
                      25
                      26
                      27
                      28
                      29
                      30
                      --
                      >>
                      <<
                      --