ゼロからのヒーロー作り♪

『森羅特装 シュラバスター』の話を中心に、徒然と書いていこうと思いますp(^^)q
(注)業者対策で「書いたコメントは管理者の承認が必要」な設定にしています。せっかくコメント頂いてもすぐにはUPされませんがご了承くださいm(__)m
吉見引退
0

    ドラゴンズ・吉見投手が今日引退試合を行いました。

    いやー…寂しい(T_T)

    “強かったドラゴンズ”の、岩瀬や浅尾と並ぶ象徴的な選手だったと思うので、時代の移り変わりを感じずにはいられない(まだその時代の選手は残ってますけど)ところです。

    「ピッチャーって150km/hの球は投げられなくてもコントロールが良ければこんなに勝てるのよ」の代表格だと思ってます。

    今日のラスト登板も、相手の山崎選手が空振りしてくれたとは思うのですが、全4球すべて“こだわりのアウトロー(外角低め)”にコントロールされ、最後の球も「もしかしたらガチ勝負でも空振り取れたんちゃうか?」と思う“らしさ全開”の138kmストレートでした。

     

    引退セレモニーは、観たら高確率で泣くと思って敢えて観なかったのですが、後で後輩たちがみんな泣いていたような記事を読むと、やっぱりたぶん観たら泣いたな、と思った次第です(^-^;

    今日の試合にソフトバンクの千賀投手と石川柊太投手がスタンドで応援していた、と聞くとやっぱり人望って大事だなーと思うわけで。

    吉見の悪いウワサなんて聞いた記憶ないですし、同い年の浅尾(現・コーチ)もですが、あの世代のドラゴンズってナイスガイ揃いだわーとも思ったり。もちろん現世代だってビシエドを筆頭にナイスガイ揃いですけどね(^^)

     

    つくづく、昨日8年ぶりのAクラスを決めたあとで良かったです。勝負にこだわる必要がなくなったからこそ、首脳陣も遠慮なく若手を使えたのだろうし、試合全体でも何となく「吉見祭り」的な雰囲気にできたんだと思います。これでまだAクラスが確定できてなかったらもっとピリついた雰囲気になってたでしょうし。

     

    “強かったドラゴンズ”のエースに、“再び強くなるドラゴンズ”を見せて送り出せて良かったんじゃないかな、と思ってます。

    この次、どういう道に進もうとも彼なら成功を収めてくれる気がします。

    ありがとう、吉見一起!!お疲れさま!!

    23:55 | スポーツ関係 | comments(0) | - | - | - |
    最近ドラゴンズが強い。
    0

      10月に入って17試合戦って、13勝4敗というとんでもないペースで勝ち続けている最近のドラゴンズ。

      今日もDeNAにリードを許したまま相変わらず点が取れない重苦しい雰囲気でラジオを切り、後で試合結果を見たらビシエドの逆転3ランホームランで勝ってて『えー!』と言ってしまった次第ですが(汗)、とにかくいろんなものが良い方向に働いてる感じです。

      これがシーズンの最初から出来てたら…とは思いますが、今となっては後の祭り。

      ただ「7年連続Bクラス」とか言われて忸怩たる思いをしてきた身としては、今年はAクラス(できればこのまま2位)で終わってほしいとつい思ってしまいます。

      選手や首脳陣への思いはちょっと置いておいて、今日は『あと何勝すれば8年ぶりのAクラスに入れるのか?』というちょっとした数字遊びです。

       

      最終順位の可能性を考えるときに必要になるのが『現在の勝利数』と『残り試合数』の2つで、例えばドラゴンズは今日を終えた時点で53勝、残りが15試合なのでもしこれを全勝すると68勝、首位のジャイアンツは現在61勝なので、ドラゴンズの68勝を上回るためにはあと7勝すればよい…ということで、「ジャイアンツの優勝へのマジックナンバー=7」という数字が出てきます。

       

      という感じで、あくまでもドラゴンズ目線で見ていくと

      ◎スワローズ(6位)現在37勝、残り17試合⇒最大勝ち数54勝:あと1勝で5位以上確定

      ◎カープ(5位)現在42勝、残り16試合⇒最大勝ち数58勝:あと5勝で4位以上確定

      ◎ベイスターズ(4位)現在49勝、残り15試合⇒最大勝ち数64勝:あと11勝でAクラス確定

      ◎タイガーズ(3位)現在50勝、残り16試合⇒最大勝ち数66勝:あと13勝で2位以上確定

      となります。

      2位以上になるには残り15試合を13勝2敗…。うん、厳しい(笑)

       

      ただしここでもう1つ重要な要素が「直接対戦」で、例えば明日ドラゴンズがベイスターズに勝つと54勝で、

      ◎ベイスターズ(4位)現在49勝、残り14試合⇒最大勝ち数63勝:あと9勝でAクラス確定

      ということで、必要な勝ち数が一気に2つ減ることになります。数字って不思議ですねぇ(笑)

       

      タイガースとの直接対戦はあと3試合あって、もしこれに全勝すると13−6で7勝すれば2位以上確定となるわけです。

      そんなにうまくいくわけはないですが、直接対戦って大事ですね。

       

      ジャイアンツとの直接対戦はもう無くなってしまったので差を詰めるのは至難の業なのですが、このところなぜかジャイアンツも連敗中で、ドラゴンズがこのままのペースで勝ち続け、ジャイアンツがこのままのペースで負け続ければ、11月に入るころにはもしかするともしかして…なんてことも、一応希望としては持っておきましょう(笑)

      想像は自由なんで。

       

      ちなみにこういう想像のことを、古来から日本では『捕らぬ狸の皮算用』と言いますwww

      23:56 | スポーツ関係 | comments(0) | - | - | - |
      プロ野球が始まります。
      0

        明日からプロ野球がようやく開幕します。

        興味のない人にとっては『あ、そう。』ぐらいの話でしょうが、開幕延期の間はやはり何となく物足りなさを感じていた身としては、やはり「ようやく」と思ってしまいます(^-^;

         

        開幕が3ヶ月近く遅れた関係で、1球団あたりの試合数は143→120に減り、セ・リーグについてはクライマックスシリーズ(CS)も無し、あと1試合で登録できる人数とか、1軍に登録できる外国人の数が1人多いとか(←この特別ルールは何となく今年の優勝争いに地味に影響する気がするのですが)、開幕は無観客試合だとかいろいろ変則のシーズンになりますが、やってみて分かることもきっとあると思いますし、そういう点でもとりあえず開幕することに意義はあると思ってます。

         

        さて我がドラゴンズ、若手の台頭が注目されて期待度は高いのですが、でも開幕戦の予想スタメンは昨年とほぼ同じ顔触れ(福田のところにアルモンテを入れるか?ぐらいじゃないかと思ってます)というのがまだまだこのチームの苦しさを物語ってる感じもします。

        投手陣は1年目〜3年目の若いメンバーが頑張ってくれそうな気がしますが、逆に昨年軸になって頑張った大野(雄)や柳、それに小笠原といった辺りがちょっと心配です。それと「9回を締めるピッチャー」が結局固まらなかったのが、ずっと尾を引きそうなのも不安です。

        バッター陣も、レギュラー組が怪我したり調子を落としたりしたときのバックアップが相変わらず手薄(それでも井領、武田、石川駿…と名前が挙がる分だけ昨年の今頃よりはずっとマシだと思いますが)なのが不安材料で、この辺が早々に解消されないと、また昨年みたいに「1点差の負け」が増えて観ている側もストレスがたまることになりかねないので、何とか手を打ってもらいたいものです。

        あとは、監督の采配ってやつが2年目になって成長しているか?もポイントかと。

         

        またしばらく一喜一憂する日々が始まるわけですが、コロナ騒ぎのおかげ(?)か「始まらないよりはマシ」と思ってのんびり構えてられるのは、自分だけじゃないと思ってます(^-^)

        23:53 | スポーツ関係 | comments(0) | - | - | - |
        <番外編・父がハマりました>STARDOM
        0

          2回に分けてお送りしてきました(笑)<娘がハマりました>シリーズの番外編で、アタクシも最近ハマったものがありまして(^^;

          女子プロレスの「STARDOM」です。

          前からこのブログを読んでくださっている方はご存知の通り、初代タイガーマスク以来40年近いプロレスファンですが、その一方で女子プロレスってあまり好きじゃなかったのです。

          誤解を恐れずに書くと、リングの上で女の子同士が『こーのーやーろーー!』と(必ずそう言うよう決まってるのか?と思うぐらいみんな同じことを)言いながら、ドタドタと走り、痛くもなさそうな打撃を打ち、女子力のカケラもない汚い言葉で罵り合う…というイメージだったわけですが、このSTARDOMが(新日本プロレスでおなじみ)ブシロードに買収されたことでテレビ放送が始まり(名古屋では毎週木曜24:30〜BS日テレ)たまたま観たのが

          木村花vsジュリア。木村花選手の事は以前から知ってましたが、この試合…結構衝撃でした。(ちなみに動画は24分ぐらいあるので、時間とパケットの余裕がある時にどうぞ。)

          自分が持っていた女子プロレスのイメージよりもだいぶ濃密かつハイレベルなことをやってました。まぁ自分の中のハードルが少し低めだったかも知れませんが。2人の衣装の露出が多くて「うっかりポロリとかあるんじゃないか」と別の意味での衝撃もありつつ(笑)、でもこの試合きっかけで女子プロレスの見方がだいぶ変わりました。

          個人的にはマイクパフォーマンスが上手な選手も好きなので、この2人のことはその後もチェックを入れてます。

          あとここには出てませんが、彩羽匠選手の怪物っぷりもかなり印象に残ってます。今どきのコたちはすごいねぇ(苦笑)

          ジュリア選手が新しくユニットを立ち上げたこの回も結構何回か観ました。UFCに参戦していた朱里選手がこういう形で加わってくるのはちょっと意外でしたけど、7〜8年前に観ていた選手とこうやって再会(?)したのは嬉しかったです。

           

          個人的にはジュリア選手(日・伊のハーフ)の締めのセリフ『アリーデベルチ!またな!』というのがツボに入ったので、そのうちリービルさん辺りがマネするかもしれません(笑)

          23:58 | スポーツ関係 | comments(0) | - | - | - |
          ドラフト・答え合わせ
          0

            …とは書いたものの、前回の記事で『1位・石川くんがクジで外れたらどうする?』という話で終わっていて、『もしクジに当たったらどうする?』という話を書いてませんでした。ネガティブだなぁ、我ながら(苦笑)

            で、書いてなかったので今から書くことは全部後出しみたいになってしまいますが、以下予想の答え合わせ。

            あ、ちなみに長文です(笑)

             

            【1位】石川 昂弥(内野手)東邦高校

            前日予想で楽天が指名してくる?と思ったのですが、でもせっかく地元(岩手)に佐々木くんという逸材がいるのをスルーしてまで…というのをファンが許すのか?これはギリギリで楽天が撤退して、代わりにソフトバンク辺りが怪しいな…と思ってたらそこまでは正解、でもオリックスは読めませんでした。けど与田監督が昨年の根尾に続いてまたも引きの強さを見せてくれたので、終わりよければすべて良しです(^^)

            ホームラン数が12球団中ワーストだった今年のドラゴンズを観ていて思いましたが、やっぱりホームランバッターは単純にワクワクさせてくれる!ということで石川選手がぜひ4番を打てるよう大期待してます。それにしてもこれでドラゴンズには「石川」姓が3人になってしまった…。

             

            【2位】橋本 侑樹(投手)大阪商業大学

            12球団の1位指名が終わった時点で海野捕手(東海大)などが残っていたのでそちらに行くかと思いましたが、これはちょっと予想外でした。正直、橋本投手のことはあまり知らなかったのですが、左投げの投手はどのチームも欲しいでしょうし、先日のリーグ戦でノーヒットノーランを達成したそうですし、出身が岐阜みたいですし、言われてみれば納得な感じで。今年の梅津投手に続く活躍を期待します!

             

            【3位】岡野 祐一郎(投手)東芝

            自分の予想は東海理化の立野投手だったのですが、日本ハムに2位で指名されてしまったので、ならば事前に名前も挙がっていた岡野投手かな?ということで、ここは半分当たりということにしておきます(^^)1年目というよりは2年目や3年目に期待したい感じです。

             

            【4位】郡司 裕也(捕手)慶應義塾大学

            昨年もそうでしたが、4位辺りで捕手だろうというところまでは正解で、でも石橋(19歳)と競わせる高校生の捕手=山瀬捕手(星稜高)か藤田捕手(中京学院大中京高)と思ったら、そっちか!と。でもどの球団も4位か5位でワシャワシャと捕手を指名し出した中で、良い捕手が指名できたと思います。それにしても、ドラゴンズに慶應ボーイって、やっぱり何かイメージが…(笑)

             

            【5位】岡林 勇希(投手)菰野高校

            来ました、地元の素材型(^^)最速153kmという触れ込みですが、そのわりに線の細さが気にはなるので、しっかり鍛えて数年後にはしっかり1軍に食い込んでもらいたいです。こういう選手が伸びると夢があるなぁ、と。ケガには気をつけて!

             

            【6位】竹内 龍臣(投手)札幌創成高校

            同じく素材型のピッチャーでしょうね。ちなみにYahooでは顔写真が用意されていなかったぐらい全国的には知られてませんが、会議前から名前はチョコチョコ聞いてましたし、岡林投手同様に数年後を期待したいです。彼が1軍で勝ったらスカウトに報奨金でもあげてほしい!(^^)

             

            【育成1位】松田 亘哲(投手)名古屋大学

            そして最後にメガネくんです(^^)『名大に大学から硬式野球を始めた異色のメガネサウスポーがいる』というウワサは聞いていましたが、そうは言っても愛知大学3部リーグでの成績とあってはちょっと評価しづらいだろう、これはもし指名があるとしてもドラゴンズ以外ないんじゃない?と思ってたら、ほんとに行きましたね(笑)

            「旧帝大出身」というこの先の人生に有利な(有利か?)肩書きをまったく気にせずプロ野球を志望した姿はウチの奥さんに『バ○じゃないの!?』と言われること請け合いですが(爆)、やるからには何としても支配下登録を勝ち取って一旗あげてほしいです。こういうバ○はアタシゃ嫌いじゃないです。

             

            総じて、昨年ほどのインパクトは感じませんでしたがまずまずの指名になったんではないでしょうか。ただ1点気になったのは、外野手を1人も指名しなかったのは良かったのか?と。大島・平田の年齢が上がってきたことを考えると(しかも今年は平田の負傷離脱中にチームが苦しんだことも考えると)1人ぐらいは指名するべきじゃなかったか?と。支配下登録の指名が終わった時点で小野田選手(大商大)とか加藤選手(独立リーグ・武蔵)とか残ってましたし。うーん…。

            でもまずは今回ドラゴンズとご縁があった選手たちの、今後のご活躍を心より期待しますm(__)m

             

            17:56 | スポーツ関係 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            明日はドラフト。
            0

              プロ野球好きなら毎年ドキドキする日がやってきます(笑)

              昨年は競合必至の根尾くんを『獲れたらいいなぁ』と思っていたら本当に抽選に当たり、その後もバランスの取れた指名ができた良いドラフトでしたが、さて今年はどうなることやら。

               

              星陵高校の奥川投手、大船渡高校の佐々木投手、明治大学の森下投手に12球団の1位指名が集まりそうな予想ですが、これを回避して「一本釣り」に出る球団があるのか?も注目です。

              個人的な予想としては、ドラゴンズは奥川投手指名で、抽選に外れたら東邦高校の石川選手に行くのではないかと思ってます。

              運よく奥川投手の指名権が獲れた場合、おそらく石川選手は他球団から1位指名される予想なので、現在のチームの課題も考えると、2位に履正社高校の井上選手、3位に東海理化の立野投手…あたりでいかがでしょう?(笑)

               

              …って書いてたら、球団から「1位指名は石川」と発表があったそうです!

               

              上の予想は忘れてください(笑)

              奥川くんも佐々木くんも森下くんも諦めて石川くんに行くとなれば、2位は投手になるかもです。

              ただし楽天も石川くん1位指名を考えているらしいので、重複指名でクジに負けると一気に苦しくなります(>_<)

              この場合、1位指名もありそうな選手でかつその時点で残っていそうな選手となると…

              JFE西日本の河野投手でしょうか?…ここも抽選になったりして(汗)

               

              下位指名まで予想し出すとキリがなくなるので、今日はこの辺にしておきましょうか(笑)

              答え合わせは明日の夜ということで。

              昨年みたいに我々がワクワクするようなドラフト指名になることを期待していますm(__)m

              18:43 | スポーツ関係 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              結局今年も5位でした。
              0

                ちょっと間が空いてしまいましたが、プロ野球2019年のレギュラーシーズンが終了しました。

                クライマックスシリーズ(CS)1st ステージはレギュラーシーズンを怒涛の6連勝で締め、最後の最後にカープを抜いたタイガースが、勢いそのままにベイスターズにも競り勝った感じで、本当はドラゴンズがやりたかったことをまんまとやられてしまったな、とちょっとだけ悔しい今日この頃(でも結果を出したタイガースが偉いわけで、そこは素直に認めます)。

                 

                で、ドラゴンズは結局今年も5位。ここ最近すっかり「定位置」です(^^;

                ただ、今年の最終成績は68勝73敗2引分の借金5。借金15だった昨年に比べれば数字の上でもずいぶん良くなったように見えますし、実際これといった補強をしないままシーズンを迎えたのに、埋もれていた中堅を掘り起こし、若手を積極登用して何とかやり繰りした印象で、これでけが人が少なければもっと期待できたのですが、その分来年が楽しみな終わり方になりました。

                 

                まぁ前半に迷走したのは監督がまったく初めてで、いろんな選手と起用法を試しながら進めていたのが原因だと解釈してます。実際そのお試しの結果、後半はメンバーを固定して成功した部分もありましたので。

                逆に前半はよく使われたのに後半はずっと2軍にいた選手たちは、ちょっと首回りが寒くなってきているかも知れません。プロって厳しいっすね(苦笑)ちなみに今回対談された皆さんについては、機会があれば触れたいと思います(^^;

                 

                とにかく1年お疲れさまでした。最終盤に「もしかしてCS行けるかも!?」と淡い期待を持たせてもらってありがとうございました。

                今年の宿題は来年完遂されるよう、期待してます(^^)

                オフシーズン、ケガしてた選手は徹底的に治して、元気だった選手は絶対にケガなどしないように努めてくださいね!

                 

                【追伸】大島選手、大野投手、ロドリゲス投手、タイトル獲得おめでとうございます!

                なんぼ若手が躍進したと言っても、彼らの活躍がなかったらチームとしてはどうなっていたか…です(^^)/

                23:00 | スポーツ関係 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                あと9試合。
                0

                  プロ野球・ペナントレースもシーズン大詰め、我がドラゴンズも残り9試合まで来ています。

                  この時点で63勝69敗2引分の借金6。今年も優勝の可能性は消滅しましたが、ちなみに昨年の残り9試合時点では61勝71敗2引分の借金10で、確かCS進出の可能性も無くなっていた記憶があるので、それに比べれば一昨日の勝利で自力でのCS進出が復活した今年はまだよくやってます。

                  そう、もどかしい所は確かにありますが、今年は何となく「よくやってる」と感じてしまうのは、若手や中堅で昨年はほぼ名前を聞かなかったメンバーを引き上げて、足りないところを補いながら戦っている印象があるからだと思います。

                   

                  せっかく可能性があるからには何とかCS進出にチャレンジしてもらいたいところですが、これまたちなみに昨年の残り9試合、『勝ち越して有終の美を!』とか言っていたらよーいドンで5連敗(汗)、そこから勝ち負け勝ち負けで2勝7敗、結局シーズン成績も63勝78敗2引分の借金15で終わったことから、ついネガティブに考えてしまいそうです(苦笑)

                  が、今年1年でずいぶん1軍の平均年齢が下がったチーム、うっかりCSに進出できれば若手の貴重な経験の場が増えると思ってぜひチャレンジして勝ち取ってもらいたいものです(^-^)

                  とりあえず現時点で既に昨年の勝ち数には並んだので(笑)、あとは越えれるだけ越えてもらいたいです。

                  まずは今日明日のジャイアンツ2連戦、相手は優勝目前の勢いがありますが、足元すくってこちらが勢いに乗りたいところです。

                  11:15 | スポーツ関係 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  この流れはマズくないか…?
                  0

                    ドラゴンズは昨日の完敗に続き、今日はもったいないサヨナラ負けを喫しました。何というか、7回オモテに逆転して、そのウラに戻って来たばかりの鈴木(博)を起用して逆転され、9回はまさかの木下同点ホームランからその後のチャンスをつぶし、ウラにタイムリーエラーでサヨナラ負け…という、とてもストレスのたまる(初回からまったく踏ん張れない吉見にもガッカリでしたが)負け方です。

                    ネットでは『なんで勝ち越した7回ウラにヒロシなんだ!』という声も見られましたが、あれはそこまでビハインドの展開でもともとヒロシに投げさせる予定だったのがうっかり逆転「してしまった」ためにそういうシチュエーションに「なってしまった」…と解釈してます。もしそうなら采配としては間違ってなくてただヒロシには荷が重かっただけなのかもしれませんが、ただそうであれば6回ウラの福とヒロシの順番が逆だったのでは?とも思うわけで…。

                    監督の『お前という表現は子どもの教育上よくないのでは?』騒動から連敗したので、イヤでも結び付けられてしまいますわな(^_^;

                    まぁ本人にとっても不本意な騒動になったのかも知れませんが、個人的には『監督、そんなちっちゃいこと気にしてるヒマがあったら野球に集中しましょうよ。』とも思ったりします。あぁ情けない…。

                    ちなみにオリックスへ行ったモヤは今日の試合で移籍後初打席いきなりホームランをかましてくれました(T_T)

                     

                    さらに今日はサッカー天皇杯で、グランパスが鹿屋体育大学に0対3で完敗(しかもホームゲームで)するという大失態をやらかしまして、何だか今年も結局昨年同様に名古屋のプロスポーツが気まずーい雰囲気になってきました(汗)

                    ドラもグラも負けるとスポーツニュースを観る気がなくなるんですよね…。

                    早い段階で好転してくれることを願います。

                    …はぁ、何だかなぁ…。

                    23:39 | スポーツ関係 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    モヤ選手
                    0

                      先日、中日ドラゴンズとオリックスバファローズとの間で交換トレードが発表されました。ドラゴンズからはW松井が出て、オリックスから松葉投手・武田選手が加わるとのことですが、これについては4選手ともに新天地で頑張って、いいトレードだったと後で振り返れるようになってほしいなぁと思います。が、申し訳ないけどここまで(苦笑)

                      アタクシ動揺したのはそこじゃなくて、同時にモヤ選手が金銭トレードでオリックスへ行くというところです。

                       

                      どうしても外国人枠がある関係でドラゴンズでは投手優先+ビシエドは外しづらい状況を考えるとなかなかモヤを1軍で使いづらいのは理解してましたので、『あー、ついに出すかぁ。』というのが率直な感想です。

                      2m超えの巨体に似つかわしくない朴とつとした雰囲気がすごい好きで、応援していた選手なのでとても残念ではありますが、27歳とまだ若いし、このまま枠の関係で飼い殺しになるよりは必要とされる場所(オリックスもいま外国人で苦労してるっぽいですし)で伸び伸びやってほしいなぁとも思うわけで、ちょっと複雑です(^_^;

                      何より昨年のシーズン終了後、他の外国人選手が帰国した中で1人だけ日本に残って宮崎のフェニックスリーグに参加した時なんか、もう絶対日本で成功してほしいと思いましたしね。

                      本当かどうか知りませんが、移籍が決まった時にまず本人が心配したのは『京セラドームの近くにイオンはあるのか?』だったとか、庶民派らしいエピソードもあります。

                       

                      オリックスファンの皆さん。モヤはいいやつです。一時的には苦労するでしょうが、きっと伸びてくると信じてますので、温かく応援してやってくださいm(__)m

                      チームとリーグは離れますが、引き続きスティーブン・モヤ選手の活躍を祈っています(-人-)

                      23:19 | スポーツ関係 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                      11
                      --
                      1
                      2
                      3
                      4
                      5
                      6
                      7
                      8
                      9
                      10
                      11
                      12
                      13
                      14
                      15
                      16
                      17
                      18
                      19
                      20
                      21
                      22
                      23
                      24
                      25
                      26
                      27
                      28
                      29
                      30
                      --
                      >>
                      <<
                      --