ゼロからのヒーロー作り♪

『森羅特装 シュラバスター』の話を中心に、徒然と書いていこうと思いますp(^^)q
(注)業者対策で「書いたコメントは管理者の承認が必要」な設定にしています。せっかくコメント頂いてもすぐにはUPされませんがご了承くださいm(__)m
1歳になりました。
0

    今からちょうど1年前の2017年10月10日18時25分、目の前で我が子がこの世に現れて、嬉しいよりも「母子ともに無事」という事実に対する安心感のほうが勝ってしまってポーッとなり、その後に自分の前で起きている全てを映画でも観るような感じで見ていた、あの何とも言えないおかしな感覚を今でも覚えています。

    ちなみに産まれてきてフニャア、フニャアと2回鳴いた泣いたあとピタッと泣き止んでしまったのでちょっとビビッたのですが、助産師さんによると「泣く気分じゃない」ということだったようで、いま現在のマイペースっぷりは生後すぐから発揮されていたのかと改めて納得してます(笑)

     

    あれから1年。

    母乳の出が悪いと言っては嫁が泣き、

    お粥を食べてくれないと言っては嫁が泣き、

    夜になかなか寝付いてくれないと言っては嫁が泣き、

    ご飯にまったく集中しないで遊んでばかりと言っては嫁が泣き、

    やんちゃが過ぎると言っては嫁が泣く…

    …って泣いてばかりですが(苦笑)、中途半端な知識しか持たない自分が下手に口出ししても話をややこしくするだけだと思って、なるべく嫁には娘のことに集中してもらおう、自分のことは自分でやろうと心に決め…(出来てませんが)…何とか励ましあってやってこれた1年間だった気がします。

    『えー、世の中の親御さんってみんなこんなシンドい思いしてるの?』と何度思ったことか(^^;

    それと同時に自分自身も顧みて、ウチの親が自分をどんな思いで育ててきたのか考えずにはいられない1年間でもありました。

     

    それでも娘が『へへっ♪』と笑ったり、ちょっとした仕草が可愛かったりするたびに『ウチの子サイコー♪』とテンションが上がり(←単純)癒されるのは、きっと頑張ってる親の特権なんだろうな…と(^^)

    今日も娘が父の顔をペチッと叩いたあと、何かのツボに入ったのかゲラゲラ大爆笑しているのを見て『…えっと、今のは何が面白かったんだい?』と真面目にツッコミつつ(笑)、平和な我が家を満喫していました。

     

    何となくスピリチュアルな話で、『子どもは生まれてくる前に親を選ぶ』的な話と、『3歳ごろまではその時の記憶がある』という話があります。自分の先輩も同じことを言っていたので、たぶん適当な話ではないのでしょう。

    霊感と呼ばれるものがほぼゼロに等しい自分にはピンと来ない話ですが、もしそれが本当なら娘には『よくぞお父ちゃんとお母ちゃんを選んでくれた』と感謝したいです。無事に生まれてきてくれたことも含めて、本当に『ありがとう』ですね。

    ちなみにお祝いがケーキではなく饅頭なのは本人の好みで、こちらが思わず『赤ちゃんってこんなんでしたっけ!?』と言いたくなるぐらいのアンコ好きだからですwww

     

    皆さまに見守られて祝福されて、本当に幸せな子だと思います。お陰さまで無事に1歳になれました。

    …さて、次は無事に2歳になれるよう、お父ちゃんお母ちゃんは頑張りますp(^^)q

     

    22:10 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    怖い夢
    0

      昨夜、おかしな夢を見ました。

      自分とほぼ同じぐらいの大きさの、ムカデではないけどシャコか何かのような足のいっぱいある虫に子どもの顔(ウチの子の顔ではなかったです)がついていて、笑顔でこちらに懐いてくる…というシチュエーションです。

      危害を加えてくる気配はなかったのですが、そもそもの問題でアタクシ節足動物とかほんとダメで、かなーり顔をひきつらせながらじゃれつかれていました。

      夢の中の話だからまだいいんですが、もし起きているときにこういうものが見えてしまったら脳障害を疑ってしまいます。嫁さんが持っている家庭医学系の本とか、マンガ仕立てになっているのはたまーにパラパラ流し読んだりしますのでちょっとだけ知識があったりしますし(^_^;

       

      で。

      その巨大な虫も怖かったのですが、そこで突然場面が変わり、辺り一面の広ーい野原にウチの娘が立っていて、すごい笑顔で『お父ちゃん♪』と呼びかけてきたあと、スーッと遠くへ行ってしまって、そこで飛び起きました。

      時計を見たら夜中の3時17分、自分の顔を触ったら泣いていました。慌てて周りを見渡したら、最近風邪をひいたあとまだ鼻づまりが残っている娘がピスピス言いながら寝ていました。

      そこでどうやら安心したのか、いよいよダーッと涙が出てきて、ちょっと落ち着こうと思って外へ散歩に出ました。

       

      歩きながら「今のは何だったんだ?」と考えていましたが、思い返すと娘は立って『お父ちゃん♪』と呼びかけてきた、ところが実際はまだ立って歩くことは出来ないし、言葉を話すことも出来ない0歳児です。

      何だろなー…と思いましたが、これはもしや『大事な娘を遠くへ行かすようなことをしてはいけないよ』という警告だったのかな?と。それもいま現在というよりは、立って言葉を喋るようになる時期が危ないよ、ということではないのかな?と感じました。

       

      正解はもちろんわかりませんが、せっかくなのでこの怖い夢を良い忠告だと思って、いっそう娘を大切にします。

      そんな娘は来週1歳になります。

      19:01 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      一家揃って…
      0
        土曜日あたり、娘が変な咳をし始めたところから何となくイヤな予感はしたのです。
        が、まさか翌日に一家3人揃って風邪をひくとはその時は思っても見ず(苦笑)
        そんなわけで月曜日(祝日)は3人仲良く休日診療所に出掛けましたとさf^_^;

        火曜日は我々も仕事がありますので…
        それなりにシンドいけど頑張る父。
        それなりにシンドいけど踏ん張る母。
        そして熱発ハイテンションの娘(爆)
        もう文字通り“目の前で箸が倒れても大爆笑”ぐらいの勢いでしたww

        本当は娘が1番鼻水や咳が酷かった(抵抗力も弱いし)のですが、とりあえず元気です。
        中途半端にダルさが残った父は、今から全力で寝ます(苦笑)
        23:58 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        何かが違うような…?
        0

          いや、ウチの子の話なんですけどね。お陰さまで生後11ヶ月をクリアできたわけですが…

          食事の時は相変わらず大騒ぎです。おかゆが嫌いで(これぐらいの月齢だとよくあるらしいのですが)好きなものは納豆・焼き魚・ニンジン。その次に豆腐や大根(昆布出汁で煮込んだもの)アボカドなど。

          特に焼き魚は大好きで、この間は嫁さんがシャケの塩焼きをほぐして、小骨を取って…というのが待ちきれなかったらしく、皿の上から切り身ごと奪ってかぶりついてました。

          写真はイメージです(笑)。その前にあらかた骨を取ってくれていたみたいなので何も起きませんでしたが、とにかく好きです。

           

          …。

           

          0歳児の食生活ってこんな感じでしたっけ??

          なんかこう、消化に良いように柔らかくしたり細かく切り分けたりしたものをスプーンで「あーん♪」しながら食べるイメージだったんですが…

          何でウチの子は魚をわしづかみして丸かじりしてるんだろう…。

          そして他のものは食べれなくても納豆だけは1パック完食出来てしまうのだろう…。なんか映画館でポップコーンをほおばるように手づかみで納豆食べてるんですけど(汗

           

          まぁ好物のラインナップからして既にヨソのお子さんと違う気がするんですが…

          とりあえずまずは楽しくしっかり食べてくれることが一番かな?と嫁さんとも話してるわけですけど…

           

          「うん、さすがはウチの子。」ということにしておきましょうか(^^;

          23:52 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          はぁーたかたかー♪
          0

            8月13日の記事(http://brog1.shurabuster.net/?eid=1080786)の後日談です。

            あのころ「かたかた」言っていた娘も今は「たかたか」言うようになり(笑)、しかも機嫌がいいときは「たかたか」を中心に何かをずっと喋り続けています(^-^)

            顕著なのがお風呂に入れている時で、普段は家にいない自分にとっては娘を“独り占め”できる貴重な時間のわけですが、そんな思いを知ってか知らずか娘もお風呂の時はたいがいご機嫌です(嬉)

            今日も気分よさげに『たかたかー♪』と歌ってるので、うんうんと思いながら聴いていたら

            『たかたかー♪たっかたかー♪はぁーたかたかー♪』

             

            ??…いま自分で合いの手入れた…??

             

            嫁は既に聴いていたみたいですが、自分は初めてだったのでビックリしました。まぁ楽しそうなので何でもありですが(笑)

            ちなみにたまに『たっかたかたかたっかたかたー♪』と歌ってるのですが、嫁に言わせるとどうもオモチャから流れる「幸せなら手をたたこう」ではないか?とのことで、言われてみると音程はともかくリズムは合ってるな、と。

            まぁ正解は本人のみぞ知る、ですが(^^;

            23:40 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

            10
            --
            1
            2
            3
            4
            5
            6
            7
            8
            9
            10
            11
            12
            13
            14
            15
            16
            17
            18
            19
            20
            21
            22
            23
            24
            25
            26
            27
            28
            29
            30
            31
            --
            >>
            <<
            --