ゼロからのヒーロー作り♪

『森羅特装 シュラバスター』の話を中心に、徒然と書いていこうと思いますp(^^)q
(注)業者対策で「書いたコメントは管理者の承認が必要」な設定にしています。せっかくコメント頂いてもすぐにはUPされませんがご了承くださいm(__)m
2歳になりました。
0

    本日、娘が2歳になりました。

    ちょうど1年前(の記事はこちら)1歳になったときもそれまでの濃密・濃厚な時間を振り返って嫁さんと2人でディープなため息をついたもんですが(笑)、そこからの1年もやっぱり濃密だった気がします。特に嫁さんにとっては(^^;

    1年前に比べれば嫁さんが泣く回数もずいぶん減りました(絶賛イヤイヤ期とは言え。)が、これは母親としての成長とともに、1年ちょい前からお世話になっている保育所のおかげでもある、と父はとても感謝をしておりますm(__)m

     

    さてそんなお母ちゃん(ちなみに我が家は娘に「お母ちゃん」「お父ちゃん」と呼ばせてます)が娘のために用意した誕生日プレゼントはこれ↓

    Rodyのベイビーピンクというやつです(^^)

    娘が1歳にして早くもバランスボールに興味を持ち、上に座ってポヨンポヨン跳ねるのが大好きなのですが、でもウチのバランスボールは大人用で、本人は足がつかないから親の補助が必須ですし、しかも1回着地に失敗して壁で顔面を強打した(犯人はワタシです…。でも本人は懲りずにその後もボールに乗りたがります。)ことがあって危険だし、ということでのお母ちゃんセレクトです。これなら足も届くし、ポヨンポヨンするし。

    で、朝娘が起きたときに空気が入った状態でプレゼントすることにこだわり、でも空気入れが見つからず、深夜の屋探しを行ったあと結局夜中3時に車でドン○まで買いに走ったお母ちゃんの苦労は、ここ最近同様にグズりながら起きてきたのに、Rodyに跨ったら途端に気に入って『たのしー♪』と言いながらポヨンポヨンしている娘の姿でどうやら報われたようです。

    よかったね、お母ちゃん。ごめんね他人事みたいな書き方してて。

    ちなみに朝、寝ぼけながら起きてきて、Rodyを見つけた娘ちゃんの一言。

    『あ、うさぎさん!』

    馬だよ!ww

    でもこういう“幼児の感性”ってほんと面白いなぁと感じます(^^)

     

    いろいろあるけど大事な我が子、次は無事に3歳になれるよう、お父ちゃんお母ちゃんは頑張りますp(^^)q

    …というフレーズは昨年と変わりません。てゆーかきっと毎年『また1年がんばろう』『次も1年がんばろう』の繰り返しなんでしょうね、きっと(^-^)

    23:46 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    娘の前ではいいとこ見せたい。
    0

      今回はあまり大きな声では言えない話です(^^;

      シュラバスターにしろティーバトラーにしろ、もちろん「子どもたちのためのヒーローショー」という大義はあるのですが、でも正直な話、やはり演じ手として「いいとこ見せたい」欲求は確かにあります。逆にそれが無くなったら芝居が成長しなくなるんじゃないか?という危機感もありますが(-_-)

      ましてや客席から我が子が観てるとなれば、どれだけ理解してるか怪しい1歳児とは言え、つい力が入ってしまいます。動きのキレもポージングも、ここ最近に比べて少し上だった…というのは目が肥えたウチの奥さんにはすぐバレます(苦笑)

       

      ちなみにヨソさまの話で恐縮ですが、先日家族で観に行ったときは、その前のチアダンスで興奮しすぎたとはいえ、ショー開始から数分で爆睡状態だった(ちなみにスピーカーからの大音響は気にせず寝れる子です。昔から。)のが、今回はお母ちゃんの膝の上でおとなしく最後まで観れました(*´▽`*)

      今回のお話が16分とやや短めだったのも幸いしたかな?(笑) 30分だと長すぎて持たないというのは過去に実証されてます。

       

      舞台上から見て気になったのは、こちらをずーっと上目遣いのまま睨むように観ていたことでしょうか。

      顔が怖いよ(苦笑)

      ちなみに途中でお母ちゃんが紙パックのジュースを渡したら、ストローでチューーと飲みながらやっぱりこちらを睨み続けてます。

      だから顔が怖いってば(苦笑×2)

      でもお母ちゃんが言うには、この顔は集中してる時の特徴だそうで。

      言われてみればテレビ観てるときとかでも見たことあるな、この顔。

      途中でお母ちゃんが「眠いんだろうか?」と思って抱っこし直そうとしたら、はねのけて舞台を見続けたみたいですし、演じ手としては嬉しい話です(^-^) 顔は怖いけどww

       

      さて数年後、一緒に舞台に立つなんてことは…

      個人的にはない気がします。単なる感覚ですけど。

      むしろ客席でお母ちゃんの横に座って激辛なダメ出しをしてる気がするんですが(汗)

       

      とりあえず今回は風牙さんを観て「おとーちゃん!」と言わなくてよかったですww

      5月のティーバトラーショーでは、舞台に登場したアッサムさんを見て「おとーちゃん!」と言っちゃったんでwww

      23:01 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ただいま絶賛イヤイヤ期。
      0

        ウチの娘もお陰さまで来月2歳になるわけですが、そこを目前に控えてただいま絶好調イヤイヤ期です(苦笑)

        お父ちゃんお母ちゃんの促しに対してとりあえず『いや。』

        こちらが待ちきれなくて手を出そうとすれば『ダメ。』

        しかも厄介なことに「理屈」が通用しませんから、とにかくあれもこれも『イヤ!』『イヤ!』を繰り返す娘にキレるお母ちゃん…という図式が続いていたわけですが、今日は延々と続くそのやり取りに耐えかねたお父ちゃんがキレてしまいました(>_<)

        いかんなぁ、お母ちゃんがどんだけ怒っても娘の「逃げ場」を残すようお父ちゃんは大らかでいようと決めていたのに。自分もまだまだです。ごめんよお母ちゃん。

         

        なんかイヤイヤ期って、親も子どもに試される時期なんじゃないかと、反省しながら思いましたね。そこを耐えきれなかった親がネグレクトとか虐待とかに堕ちていく…という。飛躍しすぎかも知れませんが。

        話には聞いていましたがなかなかシンドいイヤイヤ期、でも頑張って2人で乗り越えます。

        今なら『我が家はこうだった』という先輩パパや先輩ママの話も素直に聞けそうです(笑)

        23:58 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        あいさつ魔
        0

          昨日はTwitterを中心に、シュラバスター10周年についてたくさんのリツイートや「いいね!」、それにコメントまでいただいて、本当にありがとうございましたm(__)m

          リツイート数なんかは過去に記憶が無いぐらいの数になりまして、普段は人が寝てる時間に細々とツイートしてるのですが(笑)、Twitterの爆発力ってすげーなーと改めて実感した次第です。

           

          さてこのブログも最近は娘を寝かしつけて一緒に寝てしまったり、あるいはローカルヒーローの話題を優先で書いたりしていたので親バカ的な話はご無沙汰でしたが、そんな中でも娘は元気に成長しております。

          急激にボキャブラリーが豊富になったせいか、意思表示や感情表現もずいぶん豊かになりました。

          語彙の発達については同年代の子どもたちよりもちょっと早いみたいですが、かと言って絵本の読み聞かせなどはほとんどしてません(てゆーかファイ○ルファン○ジーじゃないですけど、本は武器だと思ってるんじゃないか?と思う事もありww)し、考えられるのは我々夫婦がよく会話してるのを聞いているのと、あとはEテレのおかげではないかと(^-^)

           

          そんな娘は人見知りこそまだちょっと残ってますが、基本的には「あいさつ魔」になりました。『こんにちは』はまだはっきりと言えず『くんちわー』になりますが(笑)

          一緒にオモテへ出て、スズメを見つけると『とりさん!くんちわー!』、足元にアリがいれば『ありさん!くんちわー!』、今はセミの声が大きいので『せみさん!くんちわー!…せみさん、どこ?』な感じで、映像でお見せできないのが残念ですが『くんちわー!』に合わせてペコッと頭を下げるのが超カワイイですwww

          道行く人々もそんな姿を見て思わずニコニコ、犬を連れた怖い顔のおじいさんもウチの子があいさつしまくってるのを見て小さくニッコリ。地域を朗らかにするのに一役買っています(^^)v

           

          ちなみに先日アタクシ東京へ出張したのですが、お土産に買って帰った「ひよ子」

          包み紙を開けたら出てきたひよこさんを初めて見た娘のリアクション

          『とりさん!くんちわーm(__)m』

           

          もうねぇ、ウチの子サイコーです(笑)

          23:59 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          同じ場所にリピート(笑)
          0

            令和の初日・5月1日に行ったばかり(その時の模様はこちら)の「南知多ビーチランド」に、2ヶ月目で早くもリピートしてきました(^^)

            今回のきっかけは前回行ったとき娘にウケた「ペンギンにタッチ!」のイベントが明日で千秋楽だと知ったから(ちなみに来週からはプールの浅瀬に入ってイルカにタッチ!らしいです。)で、じゃあ終わる前にもう1回触らせておこうということで、再訪です。

            1回行った場所にこんな短期間で再訪するなんて滅多にないんですけどね(笑)

             

            で、前回11時ぐらいに到着したら駐車場で苦労した反省から1時間早く行動を開始し、入場券を買い求めるために30分並んだ反省からコンビニで前売券を購入し(実際今日はGWと違って並ばなくても買えたっぽいですが、まぁそれは結果論ですので。)、昼食を求めるために30分また並んだ反省から11時過ぎには食事を開始し…ということで、学習の成果(笑)を発揮してだいぶ効率よく回ることが出来ましたp(^^)q

            イルカショーはレギュラーメンバー(?)のイルカたちによるショーを観れましたが、さすがのクオリティでした。写真はイルカが後方回転でいわゆるオーバーヘッドキックのような形でボールを蹴ろうとする瞬間ですが、高さがハンパないです。すごいです。が、今回も娘はショー中に寝てしまいまして、どうも相性が良くないというか何というか(苦笑)

            逆に今回は前回時間不足で出来なかった動物たちとの触れ合いと、雨のせいでまったく出来なかった乗り物を経験させてあげようと夫婦で決めてましたが、アザラシ・アシカ・イルカ・そして主目的のペンギンと触らせることができ、加えてエサやりもペンギンや水槽の魚たちに嬉しそうにやってました。

            乗り物はたぶん食いつくだろうと思ってましたが実際は予想以上で、しかもわりとスピードが出るものに好反応、一緒に乗ったお母ちゃんは酔いそうになっていたのに(笑)本人はケロッとしてアレやコレやと指差しては乗りたがってました。あと、やっぱりこの子は働く車(特にパトカー・消防車・救急車)が好きみたいです。

             

            いやー、連れて行ってよかったです。

            アタクシ的には現地でまさかの知人に声を掛けられ、無防備な姿をさらしてしまいました(笑)Oくん申し訳ない、ビックリし過ぎてロクなリアクションが取れなかったです(^^;

             

            23:11 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            父の日
            0

              今日は父の日でした。

              普段なかなか孫に会えず、孫に飢えている(笑)ウチの父のために、食事会をセッティングしてウチの両親を招き、孫と一緒に過ごす時間を提供してみました(^-^)

              形に残るプレゼントももちろんいいですが、“一緒に過ごす時間”というのが何物にも代えがたいときもある、というのも理解してますので。こちらとしては良いプロデュースができたのではないかと少しだけ自画自賛してます。

              ただし。

              ウチの娘が“じぃじ”に対してやたら警戒心をあらわにするのも相変わらずでして(苦笑)、こればっかりは本人にしかわからない部分ですし、“じぃじ”には孫に好かれるよう努力してもらうしかないですな、これは(^_^;

              敢えて原因を探れば、まずタバコのにおいのせいではないかというのが我々夫婦共通の意見です。声帯を片方摘出しているというのにタバコをやめない命知らず(当然医者には全力で止められてますが、否定されるほど意地になる天の邪鬼なので…)ですが、孫が嫌がるというのを理由に禁煙の方向へ傾いて…はくれんだろうなぁ。

              あと息子の見解としては、昔からいちいち言い方がきつくて、本人は普通に指摘したつもりがこちらは怒られてる気分になるというのがしょっちゅうあり(今でも変わってませんが、こちらに余裕が出来たせいか今はあまり何とも思いません。)そういうピリピリした部分を1歳児は敏感に感じ取ってるんではないかとも推察してます。

              さて、孫が「じぃじ!」と呼ぶ日はいつになるのやら…。

               

              で。

              忘れそうになってましたが自分も父親でして(オイ)、今年初めて“父の日のプレゼント”なるものをいただきました(^^)

              娘を預かってくださっている保育所での製作物で、さすがにまだ99%先生の手によるもの(娘は手形を押しただけ)ですが、それでも娘の手から『あい♪』と言って渡されると、嬉しいもんですねぇ(^^)

              A4の紙で作られていて、A4は縦が約21cm、その半分ぐらいの大きさなので手のひらのサイズはだいたい10cmぐらいということになりますが、これが1年後にはどれだけ大きくなっているか…と思うと今から楽しみです。

              いや、今年はなかなかいい父の日でした(^-^)

              23:40 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              爆弾娘。
              0

                10連休の間、普段あまり一緒にいれない分も含めてしっかり娘と遊んだ結果、GW明けてからは前より随分と甘えてくるようになりました(^^)

                「おかあさんといっしょ」で両手をブランコのようにして『ゆーらゆら♪』と言いながら子どもを前後にスイングする動きがありますが、腰痛に苦しむお母ちゃんに代わってお父ちゃんがやったら、振れ幅は大きいわ、なかなかヘバらないわ…ですっかり気に入ったようで、何かあると足元に寄ってきて『おとちゃ!うなうな!(訳:お父ちゃん、ゆーらゆら!)』と言ってせがんできます。

                 

                さてそんな娘ちゃんの最近の課題は、なかなか炭水化物を食べようとしない偏食と、夜に興奮してしまってなかなか寝付かないという2点だと思います。

                特に寝付かせるときは、電気がついていたりお父ちゃんが歩いてたりすると遊んでもらえると思って追いかけてくるので、部屋の電気を消してお父ちゃんお母ちゃんも横になり、『今から寝るんだよ?』というのをわからせるようにしています。

                 

                が。

                横になったお父ちゃんに対して、なぜか頭からツッコんでくる娘ちゃん。ゴッツンコすると大人の骨のほうが絶対に硬いなんてことは1歳児にはわからないでしょうから、こちらが慌てて避けるとお父ちゃんの枕にボーンとツッコんでケタケタ笑ってます。しかしその位置はさっきまでお父ちゃんのおでこがあった位置…(怖)

                そう、恐ろしいことに急所めがけて正確に飛んでくるのです\(゜ロ\)(/ロ゜)/

                こんな感じで。

                どこのダイナマイトキッドだウチの子は(苦笑)

                 

                いや、女の子だからダイナマイトガールか。どっちでもいいやww

                ちなみに以前、お母ちゃんはピンポイントでアゴの先端に食らって軽い脳震盪のような状態になったことがあります(失神)

                 

                今日は割とあっさり寝付いてくれたので、お父ちゃんは「ハハノワ」の準備の続きをやりますm(__)m

                23:34 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                娘ちゃん、生まれて初めて海を見る
                0

                  昨日の話です。

                  もはや毎年恒例と化した幸田町の『わくわくキッズフェスティバル』コウタレンジャーショーを観覧するためにハッピネスヒル幸田へ家族3人で行ってきました。

                  相変わらず客席がビッシリ埋まって子どもたちが『できあがった』状態になるのは毎度ながらさすがだなぁと思いつつ、今回はいつになくドラマ仕立てなコウタレンジャーを観てきました。

                  ただ、アタクシ後悔と反省が1つ。

                  コウタレンジャーパートナーズ(あそこはチームとは言わないんですよね)の皆さんに差し入れを…とテントまで持って行ったのですが、いわゆる「ぞんざいな扱い」を受けました。『あ、まさか!』と思って時計を見たら、本番の8分前でした。行きの高速道路で渋滞に巻き込まれて到着がギリギリになって、焦って行動してしまった自分が悪いです。代表の竜さんからも終わった後に『本番前は気が立ってるし、ごめんね。』と謝られましたが、謝るのはこちらのほうで、例えば自分が逆の立場だったとして、本番8分前に突然テントに来られたら入口に向かってモノを投げそうですし(コラ)。

                   

                  そんなこんなで、ちょっと凹んでる父と、フリーマーケットに来ていた整体屋さんに10分触ってもらっただけで体が軽くなったらしく喜んでる母と、HAN寒家および死蟲家のティーンエイジャーたちに『かわいい〜♪』と言ってつつき倒された娘(笑)は、2回目のショーを観ることなく、お母ちゃん推しの竹島水族館(蒲郡市)へ行ってきました。

                   

                  失礼ながら狭い水族館に大勢の人が詰めかけて大変なことになってましたが、母と娘はオオグソクムシを実際に触って喜んでました。アタクシにはああいうものを触って喜ぶ感覚が理解できません(^_^;

                  そしてそのあとは海岸へ出て、娘にとって生まれて初めての海へ。

                  なかなか海に連れて行ってやる機会が無かったのですが、今回たまたまタイミングが合ったので竹島で海を初体験。波自体も初めてだったので不思議そうに手を出したりしてましたが、こういうのが後々いい経験になって…いたらいいなぁ(笑)

                  いい写真が撮れたので、嫁の許可を得て娘の後ろ姿をネット初公開(^^)

                   

                  IT社会で仕事する人間としては、ネットに顔や名前など個人を特定できるものを載せるなんて怖くてできませんが、まぁこれぐらいなら…。1年後にはきっと全然体格も違うでしょうし(笑)

                   

                  そして調子に乗って歩き回った父と娘は、帰ってから部分日焼けに苦しむことになりましたとさ(苦笑)

                  23:50 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  令和の初日は
                  0

                    『南知多ビーチランド』というところにお出掛けしてました(^^)

                    あいにくの雨も『昼までには止む』と信じて傘を車内に置いて会場入りしたのですが、自分が雨男(自称「降水確率プラス30%男」)だったことを見落とし、がっつり降られて夫婦ともにずぶ濡れになりながら(ちなみに娘はレインコート着用)周ってました。

                    娘にとっては図鑑では知っていても実際に見るのは初めての動物ばかり、さてどんな反応するかな?と思ってましたが、お母ちゃんの好判断で『ペンギンにタッチ!券』をゲットできたペンギンには

                    『ぺんぎんさん!ぺんぎんさん!』と食いつきもよく、実際に背中を触らせてもらったときは、最初は恐る恐るでしたが1回触ってしまえば慣れたもので、あとはしばらく『よしよし♪』とさすってあげていました♪

                    大きな亀たちも『かめさん!』と言って餌やりを体験しましたし、魚たちの水槽に行けば『さかな!』と言って寄って行きましたし、全体に楽しそうでした。

                    逆にお父ちゃんイチ押しだったイルカのパフォーマンスは、そこまでに疲れてしまったのか食いつきがイマイチでした。

                    こんなに良いジャンプとか観れたんですけどね(^_^;

                     

                    入場券を買うのに30分待ちだったとか、ご飯を買うのに同じく30分待ちだった(しかも娘は待ちきれなかった)とか、雨は結局帰るまで止まなかったとか(泣)、令和の初日からなかなかしんどい道中でしたが(苦笑)同じ会場で開催されていたNHKのキャラクターたちによるイベントブースも満喫してくれたみたいですし、帰って来てからもしばらく興奮状態でしたが、いまは電池が切れてぐっすり眠ってます(^-^)

                    お父ちゃんもお母ちゃんも頑張った甲斐はありました。

                    23:50 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    『おそと!』
                    0

                      『春よ来い』という有名な童謡があります。

                       

                      春よ来い 早く来い
                      あるきはじめた みいちゃんが
                      赤い鼻緒の じょじょはいて
                      おんもへ出たいと 待っている

                       

                      ちなみにネットで『春よ来い』を検索したら、童謡よりも松任谷由美さんの楽曲のほうが圧倒的にHitしますが気にしない(笑) そもそもあちらは『春よ、来い』ですしね(^^)

                      また脱線しました。

                      話を戻します。夕方お母ちゃんが夕飯の支度をしている間お父ちゃんと2人で待っている時に、突然抱っこをしろとせがんでくるので『どうした?』と思いながら抱っこをしてやると、高いところに掛けてあった自分の上着を取って『おそと!おそと!』と言い出しました。

                      時刻は夕暮れ時。午前中に頭痛のお父ちゃんを置いてお母ちゃんと出掛け、昼に家族3人で投票に出掛け、午後には頭痛再発で寝込んだお父ちゃんを置いてお母ちゃんと再び出掛けたあとの、なんと4回目の外出希望です(^_^;

                      どんだけ外好きだ…てゆーかウチの子は『おんもへ出たいと待って』いないで自分から出て行ってしまいます(苦笑)

                       

                      今日は天気も良かったし、いいことだとは思うんですけど、昨日の池袋、今日の神戸と車が歩行者に突っ込んでいく痛ましい事故が続いたばかりなので、こちらも『車がこんな小さい子に向かって突っ込んでくるわけがない』という甘い考えは一切捨てて、お父ちゃんは娘を歩かせながらピリピリしてました。たぶんお母ちゃんもそうだったと思います。

                       

                      世知辛い話ですけど、これが現実なんですよね。お外好きの娘のために、近所に走り回れるサイズの公園(もしくは犬のフンの心配をしないで遊べる砂場)があるといいなぁと思いながら市議選に投票してきた一日でしたm(__)m

                      23:58 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                      10
                      --
                      1
                      2
                      3
                      4
                      5
                      6
                      7
                      8
                      9
                      10
                      11
                      12
                      13
                      14
                      15
                      16
                      17
                      18
                      19
                      20
                      21
                      22
                      23
                      24
                      25
                      26
                      27
                      28
                      29
                      30
                      31
                      --
                      >>
                      <<
                      --