ゼロからのヒーロー作り♪

『森羅特装 シュラバスター』の話を中心に、徒然と書いていこうと思いますp(^^)q
(注)業者対策で「書いたコメントは管理者の承認が必要」な設定にしています。せっかくコメント頂いてもすぐにはUPされませんがご了承くださいm(__)m
『おそと!』
0

    『春よ来い』という有名な童謡があります。

     

    春よ来い 早く来い
    あるきはじめた みいちゃんが
    赤い鼻緒の じょじょはいて
    おんもへ出たいと 待っている

     

    ちなみにネットで『春よ来い』を検索したら、童謡よりも松任谷由美さんの楽曲のほうが圧倒的にHitしますが気にしない(笑) そもそもあちらは『春よ、来い』ですしね(^^)

    また脱線しました。

    話を戻します。夕方お母ちゃんが夕飯の支度をしている間お父ちゃんと2人で待っている時に、突然抱っこをしろとせがんでくるので『どうした?』と思いながら抱っこをしてやると、高いところに掛けてあった自分の上着を取って『おそと!おそと!』と言い出しました。

    時刻は夕暮れ時。午前中に頭痛のお父ちゃんを置いてお母ちゃんと出掛け、昼に家族3人で投票に出掛け、午後には頭痛再発で寝込んだお父ちゃんを置いてお母ちゃんと再び出掛けたあとの、なんと4回目の外出希望です(^_^;

    どんだけ外好きだ…てゆーかウチの子は『おんもへ出たいと待って』いないで自分から出て行ってしまいます(苦笑)

     

    今日は天気も良かったし、いいことだとは思うんですけど、昨日の池袋、今日の神戸と車が歩行者に突っ込んでいく痛ましい事故が続いたばかりなので、こちらも『車がこんな小さい子に向かって突っ込んでくるわけがない』という甘い考えは一切捨てて、お父ちゃんは娘を歩かせながらピリピリしてました。たぶんお母ちゃんもそうだったと思います。

     

    世知辛い話ですけど、これが現実なんですよね。お外好きの娘のために、近所に走り回れるサイズの公園(もしくは犬のフンの心配をしないで遊べる砂場)があるといいなぁと思いながら市議選に投票してきた一日でしたm(__)m

    23:58 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    555日
    0

      タイトルにちゃんと「日」とつけておかないと、携帯電話に555と入力する某平成ライダーの話になってしまいます(笑)

      ちなみにワタシの私物…ではありません。ネットから拝借しましたすみませんm(__)m

       

      冒頭から話がズレましたが、18日で娘が生後555日を迎えました。

      「555」という数字自体には特に意味がありません(…ないよね?ww)が、一緒に過ごしてきた時間という観点だとあっという間だったように思えるし、逆に1日の濃さという観点に立てば、今日は「くま!(熊のことですね)」と言えるようになったとか、昨日は後ろを向かずに段を降りれるようになっただとか、毎日何かの変化があってとても濃厚です(^-^)

      『いや!』もハッキリしてきてお母ちゃんは手を焼いていますが(苦笑)

       

      ただ、自分の周りにも生後から1年を待たずに世を去ることになってしまった子どもたちの話がそこそこありますから(残念なことですが)、そういう観点で見れば555日よくぞ無事で成長してくれたと感慨にふけったりもするのです。

      そうやって考えれば、最近とくに増えてきたイタズラの1つや2つ…

       

      3つや4つ…

       

      5つや6つ…

       

      むむむ…

       

      ま、まぁそれも含めて「ウチの子」ですから(笑)

      今日も元気にお風呂場で顔をペチペチされてきますww

       

       

      ちなみに、ワタシは生後17,559日だそうですwww

      23:11 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      2度目のひな祭り
      0

        ちょうど1年前は初節句という事で、自分や嫁さんの親を我が家に招いてしっかりお祝いしました(ちなみにその時の様子はこちら)が、今回は2回目という事もあってずいぶん控え目、雛飾りも飾らずに昨日は嫁の実家、今日は自分の実家にそれぞれこちらから訪問する形でささやかにお祝いしました。

        ちなみに雛飾りを出さなかったぶん、代わりに和菓子でそれっぽい雰囲気を出してみました(笑)

         

        左は嫁さんが、右は自分が用意したものですが、どちらも御内裏さまとお雛さまをイメージしたものになってます(^^)

         

        どういう形であれ、ウチの親も嫁の親も、孫の成長と1年間の無事を心から喜んでくれることには変わりがなくて、ありがたい限りです。そしてちょうど1年前に撮った写真を持って行って、あの頃はずいぶんとプップクーだったことをアハハと笑い飛ばして終われるのは幸せなことだとも感じた次第です。本人は何で笑われてるのかまだ理解できないでしょうがww

         

        来年の3月3日もまたこうやってジジババと笑い合って終われたら最高だな、と思わずにはいられない2回目のひな祭りでした。

        23:30 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        お外で散歩。
        0

          今日は嫁さんが医者に行った関係で、娘と2人でお留守番。いろいろ遊んでもらっていたのですが(ん?)、だんだん飽きてきた様子を見せ始めたので、外履きのクツを見せたらパッと顔が明るくなったのを見て、クツと上着を着せて家の前へ出ました。

          実はウチの子、最近どんどん歩くのが上手になってきて、本人もそれが楽しいらしく、自分から積極的に歩こうとします(^-^)

          最初は家の前だけで歩かせていたのですが、マンションの隣にある駐車場(屋外)が1台も停まっていないのを見て、急きょそちらであんよの練習、さらにちょっと足を伸ばして近くの公園まで行ってきました。

          まだまだ歩幅が狭いので(当たり前ですが)こちらはゆーっくりと歩かないといけません(しかもやや前かがみ)が、このところ言葉も増え始めたし、大変だけど楽しい時期に差し掛かって来たのかな、と。

          あんまり楽しい楽しいばかり強調しすぎると、いつも大変な部分を受け持ってくれている嫁さんに怒られてしまいますが(^_^;

          そんなわけで、我が家の土間にちっこいクツが並びました(^^)

          23:53 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          移動動物園
          0

            今日は市内のハウジングセンターに移動動物園がやってくるというので、家族で出かけてきました。

            娘にとって動物というと、ウチの実家のサブさん(柴15歳・♂)ぐらいしか見たことがなく、でも近所のペットショップとか通りかかると動物たちに興味は示すので、実際に触らせてあげるには良い機会かな、と思いました(^^)

            ウサギさんです。

            モルモットさんたちです。

            フライバットに揚がった揚げ物のように見えますが、ヒヨコさんです(笑)

            他にもヤギさんとかフクロウさんとかも触らせてもらいましたし、中には娘よりデカいウサギさんがいてこっちもビックリでした(^^)

            ここには載せられませんが、ものすごく良い表情でウサギさんを触ってる写真が撮れて、お父ちゃんも大満足です♪

             

            実際のところ、動物を大事にできるようなら心根の優しい子に育ってくれる気がしてますし、今みたいに動物たちを見てキラキラしているところは大切にしてあげないといけないな、と改めて思った次第です。

            23:48 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            知事選
            0

              今日は愛知県知事選挙の日で、我々は結婚してからこれまで投票には欠かさず行っている(自分が前の仕事してた頃は1人で期日前投票とかして、当日は嫁だけ投票に行くとかのパターンもありましたが)ので、今日も娘と3人で行ってきました。

              これまでは投票所の前で交代で1人は投票・1人はお守りというパターンでしたが、今日は嫁が娘をおんぶしてくれていたお陰で初めて3人一緒に投票所の中へ。

              自分は投票所の中では極力喋らないほうがいいんだと思ってましたが、嫁は娘にずっと『これはみんなの代表を決めるんだよー。』『いいと思った人の名前を書いてここに入れるんだよー。』と語りかけながら投票してます。

              そして用紙を入れ終わったあと最後に一言

              『娘ちゃんは17年後にね。』

              この一言で、難しい顔をして座っていた立会人のじいちゃん達の顔がフッとゆるんだのが今日のハイライトです(笑) と言うか、これをきっかけにじいちゃんたちウチの娘に『ばいばーい♪』とかやり出して、『いやゆるみすぎだろ!』とツッコみたくなったのはここだけの話ですww

               

              でもほんと、娘には17年後に自分の意思をはっきり持ってこういう場に臨んでほしいと思うし、それが出来る社会であってほしいと思います。また、そういう社会にしておくのが、きっと我々世代の役目なんでしょうね。

               

              それにしても我々が住んでいるこの地域、古くから住んでいるお年寄りと、我々のようなヨソからやってきた家族連れがいい感じで溶け合っている感じで、ちょっと気に入っています。たまに変な人いますけどね(苦笑)

              道行くじいちゃんばあちゃんが娘のことをすごく可愛がってくれるので、逆にウチの娘ももうちょっとしたらお年寄りに敬意を払える子になってくれるといいなぁ、と父は望みます(^-^)

              22:10 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              クリスマスプレゼント
              0

                ちょっと旬を過ぎましたが、我々3人にとっては2回目のクリスマスを無事に迎えることが出来ました(^-^)

                娘へのクリスマスプレゼント、昨年は触り心地もっちもちのプーさん人形でしたが、今年は嫁さんの提案で、この1年で体を動かすことが好きらしいとわかってきた我が子のためにボールプールを贈ることになりました。

                1歳児にはちょうどいい大きさです。しかも折りたためるから思ったほどは場所も取らないという、価格ダウンの見切り品…げふんげふん…だったのですが、意外に掘り出し物を当てたかも知れません。でも偉いのは見つけてきた嫁さんです(笑)

                そして肝心の本人はというと、これが大喜びでして(^^)v

                中に入ってボールを触ったり投げたり、外に放り出したりするのはもちろんのこと、寝っ転がってみたり、出入口じゃないところから出入りしてみたり(笑)、思った以上に楽しそうです。

                これが彼女の人生で初めての「自分のためだけの場所」であることには、さすがにまだ気付いてないでしょうけど、近いうちにこの中から別のおもちゃが出てきたり、テレビのリモコンが出てきたり、好物のブリの照り焼きが出てきたり(オイ)するんでしょうね。きっと。

                 

                さすがにまだ「パ○レン○ャーがほしい」とか「プ○キュ○がいい」とかは言わない歳ですから、今のうちにこちらの思惑で(笑)クリスマスを楽しむ我が子を満喫している今日この頃です。

                22:32 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                泣けるCM
                0

                  確かスポーツニュースの番組を見ていた時だったと思うのですが、ふいにこんなCMを目にしました。

                  日本生命さんのCMです。前半はてっきり思春期の娘を持った父親の話かと思って『自分もいつかはこうなるのかなぁ。』と想像しながら見ていたら、娘さんどうやら受験生、いざ試験開始!…というところで急に古い映像が走馬灯のように流れ、娘に『大っ嫌い!』と叫ばれながらモノを投げられたと思ったら次のシーンでこちら(?)の手を握りながら号泣している、そこで『あ、お父さん亡くなったのか。ということは前半部分はすべて“あの世”視点だったのか!』と気付かされました。

                  試験を終えた娘さんが、手を合わせて『お父さん。大学、行けるよ。ありがとね。』とつぶやくと、どこからともなく『おめでとう。』というお父さんの声、小さくうなずいて歩き出した娘さんの先に広がる美しい桜並木…

                   

                  ここで涙腺崩壊しました(苦笑)

                   

                  嫁が娘を寝かしつけていて一人で見てたので、泣いてるところを見られずにすみました(^^;

                  いや、生命保険会社のCMですから下世話な見方をすれば『あなたが亡くなっても保険さえかけておけば娘さんの進学も心配なし!よかったですねー♪』というゲスな話(すみません)になるんですが、それにしてもお父さんが亡くなるシーンでの娘役の清原果耶さんの泣き顔と、そこでグッと力強くなるピアノ伴奏、そして浮かび上がる『父は、何があってもキミの父です。』という言葉。

                  いかんわー、これは泣けるわー。日生さんズルいわー(苦笑)

                   

                  いまウチの娘がちょうど歩き始めで、CMのようにものすごい笑顔でこっちにヨタヨタと歩いてくるんですよ。なので思いきり被ってしまいまして(T_T)

                   

                   

                  大切な我が娘へ。

                  父は、何があってもキミの父です。

                   

                   

                  いかん、また泣けてきた。

                  23:53 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  ネコ属性(笑)
                  0

                    前からそういう傾向はあったのですが、ここ最近ウチの娘がやたら隅っことか狭いところを好みます。

                    先日も嫁が保育所へ迎えに行ったところ、最後の1人になったらしいのですが広い部屋の隅のほうでチョコンといたそうで、でも別に寂しかったとかスネたとかではなく、先生に言わせると日中でもその場所がお気に入りなのだとか。

                     

                    狭いところが好き…

                     

                     

                    …こういうこと?

                    確かに家でもカーテンの陰にいたり、コタツとテレビ台の間の狭い所にわざわざ入って行って出られなくなったり(苦笑)してますわ、そういえば。

                    母親がネコ属性だから娘もきっと…と思ってましたが、やっぱりネコ属性だったようです(笑)

                    でもたまに父親の真似をしてお腹をポンポン叩いて喜んだりしてますし、どうやら子ネコでありながら子ダヌキでもあるというww

                     

                    ちなみに現在は布団と布団の隙間のところで寝てます(^_^;

                    22:18 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    初デート(笑)
                    0

                      昨日もちょっと書きましたが、今日のアタクシはオフる気マンマン(笑)、で、坐骨神経痛に苦しんできた嫁さんがいよいよ本格的に治療に乗り出すことになり、彼女がずっとお世話になっているという東洋医学の治療院へ送っていって、そのまま自分と娘はそこから遠くないところにある児童館で待ってる事にしました。

                      母を置いて父と2人きりという珍しいシチュエーションに娘が戸惑うんじゃないかと心配もしましたが、まったく問題なく児童館へ入ることが出来ました(^^)

                      ちなみに自分が嫁抜きで娘をどこかに連れて行くのは、近所の散歩を除けば初めてのことです。

                       

                      生後1歳1ヶ月の娘と初デート(笑)

                       

                      娘はわりと体を動かして遊ぶのが好きなようで、児童館に行っても0〜1歳児用の遊具では満足できないらしく、2〜5歳児用のすべり台になぜか逆側(滑る側ですね)から上がろうとして当然上がれずにシューと滑り落ちてきて、でもそれが楽しいのかまた上がっていってシューと落ちてくる…ということを何度も繰り返して喜んでますww

                      で、そのあとはボールプール(下の写真は参考です。実物とは少し違います。)

                      へ行って遊んだのですが、ここでも上手に遊ぶことが出来て、そして途中でふと手を止めて、持っていたボールをこっちに突きだして言いました。

                      『あたーちゃ♪』

                       

                      …えっ?それはアタクシのことですか??

                      と戸惑うワタシ。家では嫁がワタシのことを『お父ちゃん』と呼ぶんですが、どうやらそれを覚えたようで。

                      いやーそこからはテンション爆上がりでよく覚えてません(嘘)www

                       

                      まぁこれも昨日書きましたが、せっかく土日休みの仕事に転職したというのに思いのほか娘と遊んでやれてませんでしたから、貴重な時間でした。

                      どうやらしっかり父親と認識してくれてるらしいことがわかったし、嫁も今日の治療がとてもいい感じだったみたいだし。

                      こういう休日もありです(^-^)

                      23:28 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                      04
                      --
                      1
                      2
                      3
                      4
                      5
                      6
                      7
                      8
                      9
                      10
                      11
                      12
                      13
                      14
                      15
                      16
                      17
                      18
                      19
                      20
                      21
                      22
                      23
                      24
                      25
                      26
                      27
                      28
                      29
                      30
                      --
                      >>
                      <<
                      --