ゼロからのヒーロー作り♪

『森羅特装 シュラバスター』の話を中心に、徒然と書いていこうと思いますp(^^)q
(注)業者対策で「書いたコメントは管理者の承認が必要」な設定にしています。せっかくコメント頂いてもすぐにはUPされませんがご了承くださいm(__)m
<娘がハマりました・2>はま寿司
0

    予告通り(?)ここ半月の間に娘がどハマりしたもの、第2弾はコレです。

    は、は、はま寿司!です(^^)

    もともと個人的に100円(ぐらい)寿司の中では「しょう油を選ばせてもらえる」という点が気に入って個人的に推しだったのですが、娘がある日「鉄火巻」を初めて食べた(≒ナマ魚が大丈夫になってきた)のを見て『じゃあそろそろお寿司屋さんデビューさせれるじゃん!』と思い、こちらからお母ちゃんに提案して連れて行った…というのが経緯です。

     

    自分としては好きなしょう油で寿司を食べられればOKだったのですが、はま寿司だと

    彼(なのか?でもペッパー「くん」って言うぐらいだしなー)がいるので、子どもはきっと好きだろうと思ってたら…

     

    ハマりました(笑)

     

    そうだった、ウチの子は女の子だけどメカ好きだったww

    しかもセンサー反応だと思いますが(父は逆にメカが得意ではありません)擬人的な動きをするロボットなんて初めて見たのでもう食いつき方がハンパなくww

    そして席に着いた途端に自分の横を皿に乗ったお寿司がシューッと通り過ぎていくのを見て2度ビックリ、『なんか通ってった!すごーいねー!』とツカミは完全にOKです。

     

    それにしても家では食べさせたことないのにどこで覚えてくるのか(お母ちゃんいわく子どもは意外に好きな子が多いらしいですが)『なに食べたい?』『イクラ!』と即答、本当に食べるのか?と疑った父をヨソにイクラだけ完食(酢飯は残ります)、勢いに乗ってお母ちゃんがトビコを与えてみたらそれも食べ、ついでにお母ちゃんの好物・ホタルイカの塩辛まで『おーいしーねー!』と言いながら食べてしまう始末(^_^;

    前々から少し苦みのあるものや酸味のあるものを好む子だとは思ってましたが、こちらの予想を軽く飛び越えていきましたww

     

    さてそこから、毎週末『ご飯なに食べたい?』『おすしやさん!』という会話が続いておりまして(苦笑)、家族3人で週1通うとさすがにフトコロにダメージが蓄積しますが(笑)、かと言って他の100円寿司だと『ロボットさんいない…』と寂しそうにするのが目に見えてますし、ブームが過ぎるまではちょっと頑張ろうかと思ってます。

    てゆーか、回転すしじゃなくてファミレスとかでも週1通えば変わらないんですけどね。

    つくづく、転職しといてよかったなーと思ったり(^^;

    23:56 | 親バカ話 | comments(0) | - | - | - |
    <娘がハマりました・1>きかんしゃ○ーマス
    0

      ブログをサボっていた2週間の間に、娘(もうすぐ2歳半)が2つの事にどハマりしました。

      今日はその1つ目を紹介したいと思います(ということは2つ目もやるつもりなわけですが)

      隠していることに特に深い意味はありませんが、何となく。

       

      もともと「はたらくのりもの」が大好きで、ある日お母ちゃんが「最強のりものヒーローズ」というDVD付きの雑誌(ちなみにHPはこちら)を買い与えたところ、最初は特に興味を示さなかったのがある日突然見たがり、DVDを見せたらその中で紹介されていた『トーマスルーム』(ハイランドリゾートホテル&スパ)にえらく食いつきまして(驚)、そこから火がついたようにトーマス熱が爆上げ中です(^_^;

      あまりに食いつくのでお母ちゃんが今度はキャラクター図鑑を与えたところ、『これはなーに?』『これは?』と聞きまくり(←文字は読めないので)、母の答えを片っ端から覚えてしまい、1週間もかからずにトーマスだのエドワードだのおうどん(=ゴードン。最近はちゃんと言えるようになりました。)だのジェームスだのヒロだのパーチー(=パーシー)だのハルロボ(=ハロルド)だの…とスラスラ言ってます。いやー子どもの吸収力ってすさまじい。耳からの情報だけでこんなに頭に入るもんなんですねー。

       

      で、今も勢いは止まらず、家でお茶を飲むコップも、食事の時のランチプレートも、パジャマも一斉にトーマス化(笑)

      ただやっぱり世間では機関車=男の子が好むものという認識が強いらしく、どれも色はみんな青系ばかり。

      お母ちゃん、これらを買う時に男の子色全開の買い物かごを見ながら『ウチの子、女の子だよな…。』と思ったそうですww

      まぁ中にはウチの子みたいに女の子でも乗り物やギミックに目を輝かす(そういえばゴミ収集車のハッチが開くのを見て『かっくいー♪』とのたまってました)子もいるので、ピンク系だけどデザインはカッコいいトーマスものとかあってもいいんじゃないか…というのはお母ちゃんの意見ですが、同じくそう思います。

       

      とりあえず日本モンキーパーク(犬山市)が営業を再開するっぽく、そこでトーマスのイベントもやるみたい(開催日は未定らしいですが)なので、ちょっと連れて行ってみようかな、と思ってます。

      23:50 | 親バカ話 | comments(0) | - | - | - |
      きみの名前は?
      0

        映画の話ではありません(笑)

        娘が半年ほど前からベネッセさんの「こどもちゃれんじ」にハマってます(^^)

        すぐに飽きるかと思ったのですが、今も定期的にDVDを観たがったりして、すっかり彼女の生活の一部です。

        そんな中、教材(?)の1つで電話による会話を疑似体験できるもの↓

        があるのですが、もともと電話に強い興味を示していたこともあって、これまた今も定期的に出してきては遊んでいます。

         

        <電話の呼び出し音>ガチャッ。

        し『もしもし?ボクし○じろう!きみのお名前は?』

        娘『やきいも。』

        し『うふふっ、ステキな名前だね!』

        親『!?』

        いや、その会話おかしいし!…あ、またかかってきた。

         

        <電話の呼び出し音>ガチャッ。

        し『もしもし?ボクし○じろう!きみのお名前は?』

        娘『はんばーぐ。』

        し『うふふっ、ステキな名前だね!』

        親『!?!?』

         

        もうわけわかりません(苦笑)

        でもどうやら「きみ」という単語が「You」ではなく「たべもの」だと思ってるようです。

        …まぁしばらくこのままにしておくか。面白いし(オイ)

         

        ちなみに今お世話になっている保育園の園長先生とウチのお母ちゃんとのある日の会話。

        園長『娘ちゃん、この歳(当時2歳3ヶ月)で大人と会話が出来るなんてすごいですよねー!もしかしたら「はじめてのおつかい」とかでテレビ出れたりするんじゃないですか?』

        母『…。…きみの名前は?』

        娘『おまんじゅう!』

        母『このレベルですけど?』

         

        この会話を後で聞いたお父ちゃんが腹筋崩壊したのは言うまでもありません。

        23:54 | 親バカ話 | comments(0) | - | - | - |
        節分の豆まき・前倒し
        0

          節分と言えば2月3日です。それはわかっているのですが、ウチの娘は買っておいた豆まき用の豆(紙でできた鬼のお面付き)が気になって仕方なく、それを持ってきて『おに!まめ!』と言ってアピールしてきます(^^)

          なんでも保育園ではすでに豆まきをしたそうで、先生が扮した鬼を見て泣いてしまったらしいのですが、鬼の面にビビって泣いたというのはどうにもイメージできず(普段からダギャーさんや教授を至近距離で見てる子ですし)、急に出てきてビックリして泣いたか、足音に驚いて泣いたか…という辺りが有力な説です。

          さて、家で紙のお面を持って『こわくないよ?』と強がってるかわいい娘に、お母ちゃんが豆の袋を開けて渡したところ

          『おにはーそとー!』『ふくはーうちー!』と言って豆を投げはじめました。

          そうやってはっきり言えてることに驚くお父ちゃんに向かって、遠慮なく豆が飛んできます(^^;

          投げながらどんどん接近してくる娘ちゃん、最終的には近すぎて『おにはーそとー!』と言って振った手がお父ちゃんに直接当たってしまいます。

           

          …豆を握った手で直接ぶん殴っても「追儺(ついな)」としては成立しますかね?(苦笑)

           

          その前にそもそもお父ちゃん、鬼の面も被ってないんだが。…まぁいいか。

          唐突に訪れた一家団欒のほのぼのとした時間。1年後にまたやろう(^-^)…の前に、2月3日に『もういっかい「おにはそと」やるー』と言い出す可能性もありますが。

           

          そして娘がお母ちゃんと風呂に行ったあと、粛々と豆拾いが始まったのは言うまでもありません(笑)

          23:57 | 親バカ話 | comments(0) | - | - | - |
          メリークリスマス!
          0

            そもそも「メリークリスマス!」ってどのタイミングで言えばいいんだ?と思ってググってみたら、『正確には24日の日没辺りから25日の日付が変わる頃まで…なんですけど、まぁそういう細かいことは抜きにして楽しみましょうよ♪』みたいなことが書いてありました(笑)

            というわけであまり気にせず、我が家でもメリークリスマスです。

            ただ日曜日から娘ちゃんが本格的に体調を崩し(先週摂取したインフルエンザワクチンの影響も考えられるところですが、とりあえずインフルは陰性だったようです)辛いクリスマスになるんじゃないかと心配しましたが、お母ちゃんの看病の甲斐あって(お疲れさま!)無事にチキンとケーキが食べられるところまで回復しました(^^)

            ちなみに娘ちゃん、保育園の影響か「ケーキ=誕生日に食べるもの」になってるようで、今日もケーキの前で元気に「ハッピーバースデー」を歌ってくれました。まぁ「クリスマス=キリストさんの誕生日」と解釈すれば、間違いじゃない…というのがお母ちゃんの見解です。

            で、まったく打ち合わせなしでプレゼント交換みたいなことになり(笑)、お父ちゃんはお母ちゃんにマッサージャーを贈り、お母ちゃんは娘ちゃんに大きなままごとセットを贈り、そしてお母ちゃんと娘ちゃんからお父ちゃんに帽子が贈られた…という感じです♪

            お母ちゃんいわく娘チョイスらしいんですが…

            カッコいい…ww

            やるな2歳児。現場で汗ジミだらけにしてしまうのがもったいないぐらいですが、でもそういう目的で贈られたので、きっと次の現場(もう決まってますけど別の機会に書きますwww)で被ってることでしょう(^^)

             

            さて、まだ風邪が治りきってない娘はもう寝ています。まだ咳き込んだりしてるのが見てても可哀そうです。

            でも明日は保育園でクリスマス会らしいし、頑張って治して行ってちょうだいな。

             

            その前に、朝起きたらサンタさんがいいもの置いて行ってるはずだけどね♪

            23:57 | 親バカ話 | comments(0) | - | - | - |
            日本どんぐりセンター(嘘)
            0

              前も書きましたが、今週末から3週連続でショーに入ります。

              ・11月10日(日) 名古屋市名東区の福祉施設でシュラバスター

              ・11月17日(日) スカイワードあさひの「農業まつり」でシュラバスター

              ・11月23日(土) 刈谷市「みなくる刈谷」でシュラバスター

              ・11月24日(日) スカイワードあさひの「紅茶フェスティバル」でティーバトラー(グリーティングのみ)

              そうなると娘とゆっくり遊んであげられるのはこの3連休だけ…ということで、お母ちゃんと相談して娘を初めて犬山市の「日本モンキーセンター」へ連れて行くことにしました。

              ちなみに「パーク(=遊園地)」ではありません。「センター」のほうです。純粋におサルだけを観に行きました(笑)

              娘が生まれる前は夫婦で何回か行きましたが、手を伸ばせば触れるぐらいの距離(本当に触るのは危険ですが)で動物を見る経験をさせてあげたい、というのが動機です。

              アタクシ大好き「ワオさん」ことワオキツネザルです。前に来た時より少し数が減ったかな?

              そして娘の間近まで来てくれたリスザルさんです。

              この子ではないのですが、お仲間が落としてくれたドングリがお母ちゃんの頭に直撃し(笑)、それを拾った娘が一瞬でドングリにハマってしまい(爆)、そこから先はおサルそっちのけでドングリ拾いに夢中になる我が子。そして日本モンキーセンターは彼女にとって「日本どんぐりセンター」になりましたとさwww

              ま、まぁ楽しそうだからいいか(苦笑)

              ちなみに拾ったドングリは、園内のあちこちに置いてある「ドングリボックス」に入れてきました。それがおサルたちのエサになるということで娘も一応(?)納得したみたいで。

               

              こうして園内あちこちでドングリを拾い集めて回った娘は、帰りの車中スタート数秒で寝ましたww

              まぁ良い経験にはなったと思います(^-^)

              さてここからしばらくはロクに遊んであげれなくてごめんだけど、お父ちゃんは頑張りますp(-_-)q

              23:43 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              2歳になりました。
              0

                本日、娘が2歳になりました。

                ちょうど1年前(の記事はこちら)1歳になったときもそれまでの濃密・濃厚な時間を振り返って嫁さんと2人でディープなため息をついたもんですが(笑)、そこからの1年もやっぱり濃密だった気がします。特に嫁さんにとっては(^^;

                1年前に比べれば嫁さんが泣く回数もずいぶん減りました(絶賛イヤイヤ期とは言え。)が、これは母親としての成長とともに、1年ちょい前からお世話になっている保育所のおかげでもある、と父はとても感謝をしておりますm(__)m

                 

                さてそんなお母ちゃん(ちなみに我が家は娘に「お母ちゃん」「お父ちゃん」と呼ばせてます)が娘のために用意した誕生日プレゼントはこれ↓

                Rodyのベイビーピンクというやつです(^^)

                娘が1歳にして早くもバランスボールに興味を持ち、上に座ってポヨンポヨン跳ねるのが大好きなのですが、でもウチのバランスボールは大人用で、本人は足がつかないから親の補助が必須ですし、しかも1回着地に失敗して壁で顔面を強打した(犯人はワタシです…。でも本人は懲りずにその後もボールに乗りたがります。)ことがあって危険だし、ということでのお母ちゃんセレクトです。これなら足も届くし、ポヨンポヨンするし。

                で、朝娘が起きたときに空気が入った状態でプレゼントすることにこだわり、でも空気入れが見つからず、深夜の屋探しを行ったあと結局夜中3時に車でドン○まで買いに走ったお母ちゃんの苦労は、ここ最近同様にグズりながら起きてきたのに、Rodyに跨ったら途端に気に入って『たのしー♪』と言いながらポヨンポヨンしている娘の姿でどうやら報われたようです。

                よかったね、お母ちゃん。ごめんね他人事みたいな書き方してて。

                ちなみに朝、寝ぼけながら起きてきて、Rodyを見つけた娘ちゃんの一言。

                『あ、うさぎさん!』

                馬だよ!ww

                でもこういう“幼児の感性”ってほんと面白いなぁと感じます(^^)

                 

                いろいろあるけど大事な我が子、次は無事に3歳になれるよう、お父ちゃんお母ちゃんは頑張りますp(^^)q

                …というフレーズは昨年と変わりません。てゆーかきっと毎年『また1年がんばろう』『次も1年がんばろう』の繰り返しなんでしょうね、きっと(^-^)

                23:46 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                娘の前ではいいとこ見せたい。
                0

                  今回はあまり大きな声では言えない話です(^^;

                  シュラバスターにしろティーバトラーにしろ、もちろん「子どもたちのためのヒーローショー」という大義はあるのですが、でも正直な話、やはり演じ手として「いいとこ見せたい」欲求は確かにあります。逆にそれが無くなったら芝居が成長しなくなるんじゃないか?という危機感もありますが(-_-)

                  ましてや客席から我が子が観てるとなれば、どれだけ理解してるか怪しい1歳児とは言え、つい力が入ってしまいます。動きのキレもポージングも、ここ最近に比べて少し上だった…というのは目が肥えたウチの奥さんにはすぐバレます(苦笑)

                   

                  ちなみにヨソさまの話で恐縮ですが、先日家族で観に行ったときは、その前のチアダンスで興奮しすぎたとはいえ、ショー開始から数分で爆睡状態だった(ちなみにスピーカーからの大音響は気にせず寝れる子です。昔から。)のが、今回はお母ちゃんの膝の上でおとなしく最後まで観れました(*´▽`*)

                  今回のお話が16分とやや短めだったのも幸いしたかな?(笑) 30分だと長すぎて持たないというのは過去に実証されてます。

                   

                  舞台上から見て気になったのは、こちらをずーっと上目遣いのまま睨むように観ていたことでしょうか。

                  顔が怖いよ(苦笑)

                  ちなみに途中でお母ちゃんが紙パックのジュースを渡したら、ストローでチューーと飲みながらやっぱりこちらを睨み続けてます。

                  だから顔が怖いってば(苦笑×2)

                  でもお母ちゃんが言うには、この顔は集中してる時の特徴だそうで。

                  言われてみればテレビ観てるときとかでも見たことあるな、この顔。

                  途中でお母ちゃんが「眠いんだろうか?」と思って抱っこし直そうとしたら、はねのけて舞台を見続けたみたいですし、演じ手としては嬉しい話です(^-^) 顔は怖いけどww

                   

                  さて数年後、一緒に舞台に立つなんてことは…

                  個人的にはない気がします。単なる感覚ですけど。

                  むしろ客席でお母ちゃんの横に座って激辛なダメ出しをしてる気がするんですが(汗)

                   

                  とりあえず今回は風牙さんを観て「おとーちゃん!」と言わなくてよかったですww

                  5月のティーバトラーショーでは、舞台に登場したアッサムさんを見て「おとーちゃん!」と言っちゃったんでwww

                  23:01 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  ただいま絶賛イヤイヤ期。
                  0

                    ウチの娘もお陰さまで来月2歳になるわけですが、そこを目前に控えてただいま絶好調イヤイヤ期です(苦笑)

                    お父ちゃんお母ちゃんの促しに対してとりあえず『いや。』

                    こちらが待ちきれなくて手を出そうとすれば『ダメ。』

                    しかも厄介なことに「理屈」が通用しませんから、とにかくあれもこれも『イヤ!』『イヤ!』を繰り返す娘にキレるお母ちゃん…という図式が続いていたわけですが、今日は延々と続くそのやり取りに耐えかねたお父ちゃんがキレてしまいました(>_<)

                    いかんなぁ、お母ちゃんがどんだけ怒っても娘の「逃げ場」を残すようお父ちゃんは大らかでいようと決めていたのに。自分もまだまだです。ごめんよお母ちゃん。

                     

                    なんかイヤイヤ期って、親も子どもに試される時期なんじゃないかと、反省しながら思いましたね。そこを耐えきれなかった親がネグレクトとか虐待とかに堕ちていく…という。飛躍しすぎかも知れませんが。

                    話には聞いていましたがなかなかシンドいイヤイヤ期、でも頑張って2人で乗り越えます。

                    今なら『我が家はこうだった』という先輩パパや先輩ママの話も素直に聞けそうです(笑)

                    23:58 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    あいさつ魔
                    0

                      昨日はTwitterを中心に、シュラバスター10周年についてたくさんのリツイートや「いいね!」、それにコメントまでいただいて、本当にありがとうございましたm(__)m

                      リツイート数なんかは過去に記憶が無いぐらいの数になりまして、普段は人が寝てる時間に細々とツイートしてるのですが(笑)、Twitterの爆発力ってすげーなーと改めて実感した次第です。

                       

                      さてこのブログも最近は娘を寝かしつけて一緒に寝てしまったり、あるいはローカルヒーローの話題を優先で書いたりしていたので親バカ的な話はご無沙汰でしたが、そんな中でも娘は元気に成長しております。

                      急激にボキャブラリーが豊富になったせいか、意思表示や感情表現もずいぶん豊かになりました。

                      語彙の発達については同年代の子どもたちよりもちょっと早いみたいですが、かと言って絵本の読み聞かせなどはほとんどしてません(てゆーかファイ○ルファン○ジーじゃないですけど、本は武器だと思ってるんじゃないか?と思う事もありww)し、考えられるのは我々夫婦がよく会話してるのを聞いているのと、あとはEテレのおかげではないかと(^-^)

                       

                      そんな娘は人見知りこそまだちょっと残ってますが、基本的には「あいさつ魔」になりました。『こんにちは』はまだはっきりと言えず『くんちわー』になりますが(笑)

                      一緒にオモテへ出て、スズメを見つけると『とりさん!くんちわー!』、足元にアリがいれば『ありさん!くんちわー!』、今はセミの声が大きいので『せみさん!くんちわー!…せみさん、どこ?』な感じで、映像でお見せできないのが残念ですが『くんちわー!』に合わせてペコッと頭を下げるのが超カワイイですwww

                      道行く人々もそんな姿を見て思わずニコニコ、犬を連れた怖い顔のおじいさんもウチの子があいさつしまくってるのを見て小さくニッコリ。地域を朗らかにするのに一役買っています(^^)v

                       

                      ちなみに先日アタクシ東京へ出張したのですが、お土産に買って帰った「ひよ子」

                      包み紙を開けたら出てきたひよこさんを初めて見た娘のリアクション

                      『とりさん!くんちわーm(__)m』

                       

                      もうねぇ、ウチの子サイコーです(笑)

                      23:59 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                      03
                      --
                      1
                      2
                      3
                      4
                      5
                      6
                      7
                      8
                      9
                      10
                      11
                      12
                      13
                      14
                      15
                      16
                      17
                      18
                      19
                      20
                      21
                      22
                      23
                      24
                      25
                      26
                      27
                      28
                      29
                      30
                      31
                      --
                      >>
                      <<
                      --