ゼロからのヒーロー作り♪

『森羅特装 シュラバスター』の話を中心に、徒然と書いていこうと思いますp(^^)q
(注)業者対策で「書いたコメントは管理者の承認が必要」な設定にしています。せっかくコメント頂いてもすぐにはUPされませんがご了承くださいm(__)m
<< 基礎練習をしてきました。 | TOP | スーツを衣更えしました。 >>
ワールドサムライサミット(1日目)を観てきました。
0

    11月19日(土)20日(日)の2日間、モリコロパークで『ワールドサムライサミット2016』が行われました。

    自分は嫁に休みを合わせて一緒に1日目を観に行ってきました。

    天気予報は雨でしたので、自他ともに認める「アメンズ(雨男をカッコよく言ってみました)」の自分が行ったら間違いなく降るな…とは思っていたのですが、最初の武将隊ステージ集合の際には

     

    ほとんど豪雨(苦笑)何だかわからないけどとりあえずすみません(笑)

     

    今回のイベントは愛知県観光局が中心になっていると聞いたので、同じく愛知県の公園緑地課が主催する『モリコロパーク○まつり』でお世話になっているシュラバスターにはお呼びが掛かりませんでしたが(笑)、冒頭の知事の挨拶とか聞いていると、いよいよ愛知県は「ぽぷかる」からコチラへシフトした感がうかがえます。「ぽぷかる」に参加した者としては寂しい感じもしますが、今年1月の『ぽぷかる5』が非常に残念なイベントになってしまった辺りからこの展開は見えていた感じがします。残念ながら。

     

    さて今回のイベント、基本的には今や全国各地で展開されている『○○武将隊』のステージ演武が中心になっていましたが、それ以外にもいくつか趣向を凝らした展示物などもありました。

    ちなみに会場の片隅で、本物の刀鍛冶さんたちによる『日本刀鍛錬の実演』がありまして

    何と体験させてくれると言うので、最初は気が引けていた自分も結局

    参加させていただきましたwww

    ただ今回の我々の主目的はコレ↓でして。

    東京の「キャッスル・ティンタジェル」の皆さんによる、西洋鎧の紹介と演武(?)が観たいなぁ、と。実物を目にするのは初めてですし、嫁に引っ張られてちょっとマニアな道に踏み込んでるかなぁ?とも思いましたが(笑)、客席も彼らのステージタイムに合わせて集まって来たらしい人たちが多く、みんな考えることは一緒なんだな、とw

    彼らが着込んでいるチェーンメイルやプレートメイルなども、あとで実際に触らせていただきましたが、まぁ重いこと重いこと(苦笑)フルで装備すると30kgは越えようかという勢いで(汗)

    で、西洋鎧での戦いは、

    こんなものを剣で斬れるわけがない(と言うかそれに固執したら逆にやられてしまいます)ので

    やはりメイルで守りきれない関節や急所などを狙って取っ組み合う形がメインになるそうです。華麗さとは程遠い、ゴツゴツとした重みのある戦いが勉強になりました。

     

    各地の武将隊の演武も、写真は自粛しますがやはり自分たちと比較して“完成度”の違いを痛感してしまいます。同じことは出来ませんが、何か考えないといけないな、と思わされただけでも来た甲斐があったというものです。

    それにしても武将隊というのはやはり歌って踊れないといかんのだろうか…?

     

    ところで、当日のタイムスケジュールを調べていたら、思いがけずよく見知った顔に遭遇しまして(汗)

    いやーまさか自分の先輩と後輩がガッツリ関わっているとは全然知りませんでした(^^;

    そんなわけで(?)『清洲城武将隊 煌組&くのいち奪取』、もし見かけましたらご声援のほどよろしくお願い致しますm(__)m

    写真の右下に音響さんが写ってしまったのはご勘弁ください(^_^;

    23:56 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://brog1.shurabuster.net/trackback/1080511
    トラックバック

    03
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --