ゼロからのヒーロー作り♪

『森羅特装 シュラバスター』の話を中心に、徒然と書いていこうと思いますp(^^)q
(注)業者対策で「書いたコメントは管理者の承認が必要」な設定にしています。せっかくコメント頂いてもすぐにはUPされませんがご了承くださいm(__)m
<< 仕事納めました。 | TOP | 【今年の総括:後半】2017年が終わります。 >>
【今年の総括:前半】ローカルヒーローのこと
0

    あと24時間とちょっとで2017年も終わってしまいます。今年は本当にいろいろなことがあったなぁ…としみじみ。

    語り出すと長くなるので(笑)とりあえず2017年の尾張旭ローカルヒーロープロジェクトについてだけ、今日は書きます。

     

    2017年の尾張旭ローカルヒーロープロジェクトを一言で表現すると、今年は『守りの年』だったと思います。

    やりたいことは構想としてどんどん浮かんでくるのですが、果たしてそれは尾張旭のローカルヒーローとして正しい方向に向いているんだろうか?ということと、もっと根本的な話としてちょっと今年はメンバーそれぞれ自分も含めて大きく環境が変わった人間が多く、現場を受けたはいいが人手がギリギリ…という状況が続いたため、あまり新しいことはせずにこれまでのクオリティを落とさないことに専念した感じです。

    少なくともカスガイガー・チームとの協力関係が無かったら破たんしていたかもしれない場面もいくつかあったわけでして(苦笑)

    来年もせっかく上手くいっている部分はそのままに、パフォーマーは引き続き探していく予定です。

     

    あと、やはり今年を語る上で外せないのが3月に行われた『Heros Dream Summit 2017(HDS)』です。

    イベント自体に対してどうこう言うつもりはありません。何しろ送り出すだけで自身は参加できなかった立場ですし(^_^;

    ただあの経験は『ローカルヒーローってそもそも何だ?』『ヒーローショーって誰のためにやるものだ?』という“原点”を見直す良いキッカケになりました。

    あの時に得た『もう1回自分の原点と足元を見直そう。』という結論が、今年の方向性を決めた感じです。

    日本全国からとてつもない数のヒーローを一堂に集めてイベントをやる、それはそれですごいことです。

    ただそこにローカルヒーローとしての意味はどれくらいあるのか。

    ただ遠路はるばる参加して、大きなお友だちの写真コレクションの一部になって活動した気になっている自己満足にはなってないのか。

    ヒーローを主宰する立場として、来年も常に自分に問いかけながら活動していこうと思います。

     

    さてそんなわけで、2009年にスタートした尾張旭ローカルヒーロープロジェクトも来年で9年目です。

    ただダラダラ長くやってるわけじゃないんだよ?というところを見せれたらいいなぁと思っていますm(__)m

     

    23:55 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://brog1.shurabuster.net/trackback/1080673
    トラックバック

    01
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --