ゼロからのヒーロー作り♪

『森羅特装 シュラバスター』の話を中心に、徒然と書いていこうと思いますp(^^)q
(注)業者対策で「書いたコメントは管理者の承認が必要」な設定にしています。せっかくコメント頂いてもすぐにはUPされませんがご了承くださいm(__)m
<< 【重要】全国植樹祭あさひサポーターになりました! | TOP | アクセス数が乱高下中。 >>
首位と最下位
0

    3月に入って、国内スポーツもだんだん本格化してきます。Jリーグが一足早く開幕し、プロ野球はキャンプが終わってオープン戦の真っ最中。我らが地元のドラゴンズとグランパスは、見事なぐらいに対照的なスタートを切っています。

    明暗で言えば「明」はグランパス。まだ2試合終わっただけですが、首位に立ちました。形上はJ2から上がってきたばかりのチームですが、もともとJ1で上位にいないとおかしいチームですし、1回J2に落ちたのが返って幸いしたのかメインスポンサーのトヨタが本気を出してきたらしく、シャビエルのレンタル延長が実現したのをはじめ、金に糸目を付けない(?)大型補強でゴツいチームに仕上がってきました。

    シャビエルがチームをコントロールするのはわかってましたし、ランゲラックはウワサ通りの安定感、ホーシャはギリギリの合流になりましたがまずまずのフィットぶりで慣れてくればもっとやれるだろうという期待感を持たせてくれます。

    が、やっぱり今年はジョーですかね(^^)

    「元ブラジル代表」は過去にも何人か日本に来ましたが、彼の場合はその後ろに「昨年のブラジルリーグMVP」という輝かしい肩書きが付きますし、最近日本に来た大物と言えば、フォルランはちょっと残念なことになり、ポドルスキーも苦しんでるなぁという印象の中、ジョーは開幕から2試合「さすが!」と言わされるプレーをいくつか見せてくれました。

    得点も大事ですが、彼のポジションは最前線でボールを収めたり、ポスト役として近くの味方に配給したりする役割で、特にポストプレーはテレビで見ただけですが『あんな周りの味方に優しいポストプレーは初めて見た。』と思ったぐらいです。ジュビロ戦ではシャビエルと青木に「もっと近くに来るように」指示を出していたのが印象的でした。これはまた楽しみな選手が、しかもグランパスに来てくれたと思います。

    今のところ外国人4人が目立っていますが、でも日本人選手も頑張っている印象で、特に田口が抜けてどうなるか不安だった中盤は、小林をアンカーに置いて和泉と新加入の長谷川アーリアジャスールを前めに置く布陣が効いているように見えます。

    昨年からの課題だったDF陣も、まだまだ裏を取られたり不安ではあるものの、大抜擢の17歳・菅原の健闘が光ります。彼も将来が楽しみです。しかし風間さん、2試合連続フル出場とは思い切った使い方をしてきたものです。

    ジュビロ戦ではまだチームが未完成なところも見せましたが、しかし偶然の2連勝とは思えない内容で、どこまで行けるか期待が出てきました。

     

    さて、どうやったら期待が持てるか悩むのがドラゴンズです。オープン戦3試合終了時点で3戦3敗の最下位タイ。星野仙一さん追悼試合と松坂効果で客足はまずまずだったようですが、内容が寒すぎて。これは今年も多くは期待してはいけないのかな?と思ってしまう痛たたた…な内容でした。

    まだまだ若手を試してもいい段階なのに、スタメンの顔ぶれは外国人以外は昨年と同じメンバーって、若手はキャンプで何をアピールしたのか。後半から交代で出てきても何かみんなパッとしないし。投手陣もまぁポコポコとよく打たれとるし。

    こちらはもう少し我慢しますけどね(苦笑)

    23:47 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://brog1.shurabuster.net/trackback/1080710
    トラックバック

    12
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --