ゼロからのヒーロー作り♪

『森羅特装 シュラバスター』の話を中心に、徒然と書いていこうと思いますp(^^)q
(注)業者対策で「書いたコメントは管理者の承認が必要」な設定にしています。せっかくコメント頂いてもすぐにはUPされませんがご了承くださいm(__)m
<< 次の予定まで間が空くので | TOP | W杯が始まっちゃいますね。 >>
キレる老人
0

    今日はお昼ご飯でちょっと久しぶりに「松屋」に行きました。牛めしにサラダをつけてワンコインでお釣りがくるコスパは捨てがたいところです(笑)

    で、久しぶりだからなのか今日がたまたまなのか、以前よりスタッフの数が少なくてしかもフロアは婆ちゃん2人で回している状態(この婆ちゃんたちは以前からいるスタッフさんなのですが)、もちろん婆ちゃんに素早い動きを求めるのは酷ですし(苦笑)しかも婆ちゃんたち視野も広くないので、下げられない食器の前で立ち往生する新しいお客さんたちが続出する状況でした。

    そこにやってきた1人の爺ちゃん、自分の隣の席に座ろうとしたのですが、前のお客さんの食器が残っているのにまず立ち往生、座れたら座れたで料理が出てくるまでに少し時間もかかり、それでヘソを曲げてしまったのか、やって来た牛めしに味噌汁をぶっかけ、1口かそこら食べたらいきなり箸をバーン!と叩きつけ、無言で立ち上がってそのまま帰ってしまいました(松屋は食券制なので食い逃げにはなりません)。

    隣でいきなりキレられた自分は当然いい気分はしませんし(しかも派手な音を立てて出て行ったのに婆ちゃんたち気付いてないし)、しかも叩きつけた箸が跳ね返って自分に当たったのはこれアタシ怒ってもいいよね?とか思いましたが、すでに相手がいないのと、いちいち怒るのもバカバカしく思えたので放っておきました。うん、大人(笑)

     

    それにしても、「キレる若者」みたいなことは昔から言われてましたが、最近特に「キレる老人」が目立つ気がします。何ていうか、自分の誤りを認めようとしないというか、頑固というか、扱いづらい人が増えた気がするのは自分だけ?ですか?

     

    ああいう人がいるメリットを無理やり挙げるとすれば、『自分はああいう歳の取り方はしない!』と改めて思わされる、反面教師としての存在…ぐらいでしょうか?(苦笑)

    23:57 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://brog1.shurabuster.net/trackback/1080759
    トラックバック

    10
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --