ゼロからのヒーロー作り♪

『森羅特装 シュラバスター』の話を中心に、徒然と書いていこうと思いますp(^^)q
(注)業者対策で「書いたコメントは管理者の承認が必要」な設定にしています。せっかくコメント頂いてもすぐにはUPされませんがご了承くださいm(__)m
<< 仲良く順番 | TOP | ボツ画像 >>
ヒーローの日
0

    1月16日は「ヒーローの日」だそうです。1(ひ)1(い)6(ろ)で「ヒーローの日」だそうです。ふーん(コラ)

    “ヒーロー”と呼ばれるものに携わる身でありながら『そんなのあったっけ?』とか思ってしまったわけですが、ちなみに仕掛け人は電通さんで、認定されたのは2018年…。そりゃ知らないはずだ(苦笑)

     

    特にどのヒーローと特定しているわけではないみたいなので、みんながそれぞれ思い思いのヒーローやヒロインに想いを馳せてもらえばそれでいいのではないかと思います。何せ出来たばっかりの記念日ですしね(^^)

     

    で、実際に“ヒーロー”を世に出している側としては、地元の子どもたちがシュラバスターやティーバトラーを見てワクワクしたりドキドキしたりスカッとしたりして楽しんでくれて、そして大きくなった時に『そういえばウチの地元には子どものころシュラバスターっていうなぜかバトル中に踊っちゃうヒーローがいてさぁ…』みたいにちょっと面白おかしく思い出してもらえたら本望です(^^)v

     

    自分自身は実は特撮番組自体は大好きだったのですが、コレという推しキャラがいないんですね。どの作品にもワクワクしたし(「バトルフィーバーJ」では違う意味でドキドキしてましたがww)どの作品にも思い入れがあったり、そして大人になってからは今度は「作り手側の目線」で観るようになってしまったので、やっぱりどれか1つに絞るというのは難しいですね。

     

    人生におけるヒーローと言えば、子どもの頃は新日本プロレスの初代タイガーマスク選手でしたが、大人になってからは前にも触れましたがこの人でした。

    ハヤブサ選手、享年47歳。

    立っているだけでも画になる、とはこの人のことだな、と思ってましたが、試合中の事故で頸椎を損傷し車いす生活を余儀なくされてからの生き様もカッコよくて大好きでした。

     

    …いつの間にか年齢、追い付いちゃったな。

    あれだけ必死に歩行訓練をして自分の足で歩こうとしていた人が、最期はくも膜下出血で亡くなるというのも何だかやるせない話でしたが、自分もその歳になってしまってたのでなおさら気をつけないといけません。何と言っても娘はまだ1歳ですから。

     

    はぁ。なんだかしんみりしてしまった(苦笑)

    23:44 | ローカルヒーロー | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://brog1.shurabuster.net/trackback/1080860
    トラックバック

    06
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    --
    >>
    <<
    --