ゼロからのヒーロー作り♪

『森羅特装 シュラバスター』の話を中心に、徒然と書いていこうと思いますp(^^)q
(注)業者対策で「書いたコメントは管理者の承認が必要」な設定にしています。せっかくコメント頂いてもすぐにはUPされませんがご了承くださいm(__)m
<< 2歳になりました。 | TOP | 明日はドラフト。 >>
親が金婚式でして。
0

    超スーパー身内の話で恐縮ですが、ウチの実父と実母が今年で結婚50周年、いわゆる金婚式を迎えることになりまして。日付は本当は今日じゃないんですが、離れて暮らしてるきょうだい達が集まれるのが今日だった、ということで、台風19号に戦々恐々でしたが無事に開催できました。

    ちなみに言いだしっぺは自分でしたが、実際に段取りしてくれたのは弟で、ワタクシ当日に両親を送り迎えするだけでずいぶん楽をさせてもらいました(^^;

    あと『両親と子どもたち(我々ですね)だけで食事会をする』のと『せっかくなので写真屋で記念撮影してもらう』アイデアはウチの奥さんによるものです。ナイスアイデア(^^)

     

    このブログを初期の頃から読んでいるヘビーな方はご存知だと思いますが(笑)、ワタシと父ってあまり仲が良くなかったんですよね。それがこちらの結婚を機に雪解けムードになり、娘が生まれてからは対等に話が出来るようになりました。ただしウチの娘は未だにじぃじに対して警戒心を露わにしますが(苦笑)

    今日はそんな父を初めて(?)イジり倒す日ww、母と2ショットで撮影するときのぎこちなさっぷりが面白すぎて写真屋で笑い転げてました。

    『お父さま、もう少しお母さまに近付いて。』ウィーン、ガシャッ。

    『お父さま、もう少し肩を下げて首を見せましょう。』ウィーン、ガシャッ。

    『お父さま、首が曲がってますのでもう少し右に。』ウィーン、ガシャッ。

    『お父さま、笑って!』ウィーン、ガシャッ。

    ロボットかwww

    いやー、面白いものを見せてもらいました(笑)照れ屋さんにもほどがあるww

     

    そういうワタシもツッコミを1つもらいましたが。全員で集合写真を撮る際、長男ということで後列センターに配置されて、体も顔も斜めにできないし、胸を張ってアゴをひけとか言うからその通りにして、ついでに足を肩幅に開いて堂々と立ったら、絵にかいたようなヒーロー立ちの出来上がりww

    『あの、ご長男さま?(←ワタシのことです)』

    「はい?」

    『そこまで足を開かなくても結構です。』

    「ぬーん。」

     

    まぁ超身内話なので詳細は書けませんが(←ここまでの話はいったい…?)、両親が結婚して50年も経ってなお今だに2人とも健在というのはかなーりありがたいことなのではないかと思います。

    きょうだい全員が道を踏み外すことなくまっとうに生きることが出来ているのも、この親あってのことなのかな、と思ったりしてます。長男は道を踏み外すというか途中から人生の脇道をひた走ってましたが(苦笑)、それでもその先でもらってくれるネコ人に出会う事が出来ました(ちなみにワタシが「もらわれる」というのは母がウチの奥さんに本当に言った言葉だったりしますw)し。ワタシがここまで大きな病気やケガをしたことがないというのも含めて、両親には感謝感謝です(-人-)

     

    帰ってから今日送り出してくれた奥さんに報告したら、我々の銀婚式の時にしたいことがあるという話をしてくれました。

    結婚が遅かったので金婚式を迎えるにはハードルがかなり高いですが、銀婚式ならあと21年、日本人の平均寿命までは行ってないですし、それなら実現できるかな?と。

    というわけで21年先の目標ができました(^^)

    23:47 | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://brog1.shurabuster.net/trackback/1080952
    トラックバック

    12
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --