ゼロからのヒーロー作り♪

『森羅特装 シュラバスター』の話を中心に、徒然と書いていこうと思いますp(^^)q
(注)業者対策で「書いたコメントは管理者の承認が必要」な設定にしています。せっかくコメント頂いてもすぐにはUPされませんがご了承くださいm(__)m
<< 2019年の予定、終了! | TOP | 忘年会やりました! >>
「立場が人を作る」的な話。
0

    久しぶりに『中の人なんていない!』と信じている子どもたちには読ませられない話です(^-^;

     

    先日の『Xmasキャンドルナイト』で「シュラバスター10周年イヤー」も終わったわけですが、その中で例えば先月の『Let's エコアクション in AICHI』で8年前の立ち回りを復刻してみたように、温故知新的なことにも挑戦してみて、そのために過去のショー動画を何本か見直したりしていると…

    ヘタクソっぷりに泣けてきます(T_T)

    ご存知の通り風牙は上半身を大きな甲冑で覆われているため動きの制限も大きいわけですが、何か最近になってようやく「体の使い方」が分かってきたような気がします。

    初期の頃のお話を今の自分が演じたら、当時よりはもう少しカッコいい風牙さんを子どもたちに見せれるんじゃないかなー?とか思ったり。

    初期の頃はとにかく『アクションがショボいといってナメられたくない!』という思いが強すぎて、出来もしないのに難しい要素を入れて自爆することが多かったですし。

    (ちなみに今は『ネタを入れなければシュラバスターじゃない!』という思いが強すぎて、よせばいいのにCMネタをブッコミ過ぎて自分の首を絞めることが多いですがww)

    そもそも自分、“現役”だった頃は戦隊でいうレッドとか、主役ライダー的なポジションをやったことがなく、自分でシュラバスターを立ち上げて初めて主役を張った形なので、実際にやってみたら傍から見ているのとはずいぶん勝手が違うことに戸惑ったりもしました。

    ただ立ち上げ時に『ハナから人をあてにしないでまずは自分でやってみよう』と決めていたので、いろいろ手痛い失敗もしながら何とかここまで作り上げることができた…という感じです。

    それまでの自分はわかりやすく他力本願タイプだったので(^-^;

    シュラバスターを通じて、それまでのくすぶった自分を変えたかったという思いは、10年経って振り返ってみると『成就できたんじゃないかな?』とは思ってます(^^)

    あと、やっぱり主役を張る以上は子どもたちに「カッコいいヒーロー」を見せたいですから、そういう面での工夫はずっと続けてきた結果、「心技体」で言えば「体」は残念ながら間違いなく10年前より衰えましたが、「心」と「技」についてはむしろ“現役”の頃より今のほうが上なんじゃないか?と思ったりもします。

    最終的に評価をするのは「観た人」ですけどね。

    ただ、最近の風牙さんを観た娘(2歳になりました)が『かっくいーねー♪』と言ってくれるので、つまりそういうことじゃないかと(爆)

    結果的に「代表」と「主役」という立場が自分を成長させてくれたんだなーと今は実感しています。

    で、ここからは「主役」の大変さと面白さを次代に引き継いでいくことになるかなー?とぼんやり思ってます。

    てゆーか一時期そうし始めたんですけど、ちょっと頓挫した感じです(^-^;

    そして自分自身はもっと自由で楽なポジションに行く、と(笑)

    ベテランのアクターたちがやたらと戦闘員をやりたがるのも、今なら理解できる気がしますwww

     

    …久しぶりに長く熱く(?)語ってしまいました(苦笑)

    18:47 | ローカルヒーロー | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック

    01
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --