ゼロからのヒーロー作り♪

『森羅特装 シュラバスター』の話を中心に、徒然と書いていこうと思いますp(^^)q
(注)業者対策で「書いたコメントは管理者の承認が必要」な設定にしています。せっかくコメント頂いてもすぐにはUPされませんがご了承くださいm(__)m
ネコ属性(笑)
0

    前からそういう傾向はあったのですが、ここ最近ウチの娘がやたら隅っことか狭いところを好みます。

    先日も嫁が保育所へ迎えに行ったところ、最後の1人になったらしいのですが広い部屋の隅のほうでチョコンといたそうで、でも別に寂しかったとかスネたとかではなく、先生に言わせると日中でもその場所がお気に入りなのだとか。

     

    狭いところが好き…

     

     

    …こういうこと?

    確かに家でもカーテンの陰にいたり、コタツとテレビ台の間の狭い所にわざわざ入って行って出られなくなったり(苦笑)してますわ、そういえば。

    母親がネコ属性だから娘もきっと…と思ってましたが、やっぱりネコ属性だったようです(笑)

    でもたまに父親の真似をしてお腹をポンポン叩いて喜んだりしてますし、どうやら子ネコでありながら子ダヌキでもあるというww

     

    ちなみに現在は布団と布団の隙間のところで寝てます(^_^;

    22:18 | 親バカ話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    真っ二つ!
    0

      1歳児前後にありがちな話で『親が使っているものに興味を示す』というのがありますが、携帯電話なんかは好奇心も加算されて狙われやすいもののトップクラスじゃないかと思います。

      今朝の我が家も同様で、娘がワタシの携帯電話(ちなみにガラケーです。スマホではありません。だって不自由してないしー。)を見つけて触っていて、フリッパーを一旦開けてから閉めるとサブウィンドウに時刻が表示されるのが不思議らしく何度もパカパカと開けたり閉めたりを繰り返していて、こっちも『まぁああやって遊んでる時は静かだからいいか。』ぐらいに思っていて、しばらくしてからふと様子を見たら…

       

      どうも、開けた携帯電話があり得ない角度に開いてる気がするんですが…

       

      近付いてみたら、携帯電話がキレイに真っ二つに!

      ちなみにこの写真はネットから拝借したもので、ワタシが使っているものではありませんが、真っ二つ具合が一番近くてまさにこんな感じ。幸いなのは中のケーブルに損傷はなさそうなところ。

      さすがにちょっとショックでしたが、ケーブルに傷が無いから折れた箇所だけ直せばまだ使えるか、と思いまして、自分の部屋に持ち帰って瞬間接着剤とアルテコプライマー(これがあると瞬着がさらに速く固まるので、作業の時は重宝します。)で修復しようとしたら、接着剤がドバッと出てさらに凹んだというのはここだけの話ですが(苦笑)とりあえず修復はうまくいきました。

      こういう時に小道具作りの経験が活きます(^^;

      ただ接着剤がドバッと出たせいで、傷口周りがちょっと汚らしくなってしまったのが残念です。今日は厄日だったのか…?

       

      まぁでも娘に罪はありません。手の届くところに置いておいた親の責任なので気をつけます。

      気を取り直して、天気が良かったので親子3人で散歩に出たら、帰り道に娘が抱っこしてるワタシの胸元にポフッと顔を埋めてきたので「甘えてくれるのか、嬉しいなぁ♪」などと思っていたところ、どうやらそのまま寝てしまい…。いやー、ついにワタシも娘が安心して寝てくれるような抱っこが出来るようになったか、そうかそうか…

       

      …えーっと…

       

       

      重っ!!!

       

       

      脱力した人間は硬直している人間より遥かに重く感じるというのを身を持って体験しました(汗)

      世のお父さまお母さまがた、本当にお疲れ様ですm(__)m汗汗汗

      23:01 | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      【宣伝】芝居を観るのも稽古のうちですよ。
      0

        …というかウチはもともと練習量が少ないので、やることなすこと全てが稽古ですが(笑)

         

        それはともかく、自分が“現役”だった頃の先輩やら後輩やらそうでもない人やら(ん?)が出演するお芝居がありまして、「観る」というのも立派な勉強という事でウチのメンバーにも声をかけたのですが、実際おそらくバリバリのアクション劇であるはずなので(とさりげなくハードルを上げてみる)自分もちょっと楽しみにしています(^^)

        詳細はここに書かなくても、画像に必要な情報が盛り込まれているので省略していいですよね(笑)

         

        かれこれ出会って15年以上は経つメンバーたちが、それぞれの道で頑張っているのを見るのは幸せなことです。逆に彼ら彼女らから見たら、ワタシが40代半ばを過ぎても小さいながら一城の主として活動している姿なんてたぶん想像できなかったと思いますし、そういう点では自分も頑張ってるんだと思うことが出来たり(^o^)

         

        名古屋近辺じゃない人には足を運びづらい場所ですが、よろしければぜひご覧くださいませ。

        23:55 | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        【回顧】5年前のクリスマス
        0

          来月の12月15日(土)、昨年に続いて尾張旭駅前で『X'mas キャンドルナイト』にシュラバスターが参加することになり、どんなお話にしようか考え中です(^-^)

          基本的にワタクシ、一旦ショーが終了したらその後にその台本を読み返すということは滅多にしない(でも『過去は振り返らない』と言うほど大げさな話でもない)のですが、今回はふと過去のクリスマス回ってどんな台本を書いてたっけ?と思って超久しぶりに読み返してみたら、やはり5年前のお話はちょっと出色だな、と思ってしまいました。ただし自画自賛というわけではありませんので誤解のないよう…。

           

          5年前の2013年12月22日、瀬戸市の「瀬戸蔵」と「末広商店街」をハシゴしたときのお話です。

          ざっくり書くと、刃紋隊長に倒されてしまった風牙さん、楽姫さんやドクターDMの懸命の努力と、カー○ル・○ンダースのような謎のおっちゃんの助けで何やら見たことが無い姿で復活↓

           

          最終的には勝利、そしておっちゃんの正体は実は…たぶんアレだ(笑)というお話ですが、台本にして過去最長の17ページ、30分の尺を目いっぱい使用し、シュラバスター側だけでなく、ついに風牙さんに勝利した刃紋隊長が何と燃え尽き症候群になってしまうなど、見どころも多い話です。

          衣装の作りが甘くてパーツがよく飛んで行ってしまったのと、ボリュームの割に稽古が追い付かなかったというのが今でも反省点です。

          お時間に余裕のある方、よろしければ動画などどうぞ。

          こちらが前半部分で

          こちらが後半部分です。風牙さんも楽姫さんも刃紋隊長もみんな衣装が旧バージョンなのが5年の時間を思い知らせてくれます(^^;

           

          ちなみにこの赤い風牙さん(通称:レッドライン。とはいえこの回は緑の風牙さんとミックスなデザインですが)はこの回を最後に登場していません。ちょっともったいないなぁ、またどこかで出したいなぁと思いながら、諸事情あって5年も経ってしまいました(苦笑)

          自分が書いた台本としては、ストーリーの重厚さではトップクラスだと思います。ただ、観ている子どもたちは疲れたんじゃないかな?とも思って、そんな反省が現在のライトな感じにつながってるとも言えます。

           

          で。

          本来の目的を忘れてるぞ、自分(汗)

          22:42 | ローカルヒーロー | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          しかし1勝が遠い。
          0

            先月開幕した卓球『Tリーグ』に、名古屋からは女子の『トップおとめピンポンズ名古屋(通称:TOP名古屋)』が新規参入しましたが、開幕から5試合を戦って5連敗、参加4チームの中で唯一勝ち星がありません。

            “新規参入”と書きましたが、他のチームと違ってそれまでの卓球国内リーグである日本リーグに全く関わってこなかったことからこう表現しました。まぁ何しろいろいろ手探り状態のチーム作り真っ最中です。

            他チームがそれまでのコネクションも活用して国内の有力選手を確保する中、海外に活路を見い出して世界ランクの高い外国人選手を集めた「多国籍軍」の様相で、それはそれでユニークで良いと思っていて、メンバー的には1勝も出来ないような顔ぶれではないし、試合内容的にもほとんどが「惜敗」なのがもどかしいところではあります。

             

            ネットではさっそく「お荷物チーム」なんて書かれたりしてますが、その言葉を聞いて、ではJリーグ・浦和レッズの1年目はどうだったか?プロ野球・東北楽天の1年目はどうだったか?と考えたらまだ悲観するほどではない気がします。

            「多国籍軍」というコンセプト自体はいいと思うので、何かきっかけがほしいところです。

             

            ちょっと仕事の絡みからご縁があって個人的に応援(なので尾張旭ローカルヒーロープロジェクトはこの話題には関係ありません)することになりましたが、試合自体は面白いですし、メゲずに(?)応援を続けます。

            何とかまず1勝してほしいです(>_<)

            23:56 | スポーツ関係 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

            12
            --
            1
            2
            3
            4
            5
            6
            7
            8
            9
            10
            11
            12
            13
            14
            15
            16
            17
            18
            19
            20
            21
            22
            23
            24
            25
            26
            27
            28
            29
            30
            31
            --
            >>
            <<
            --