ゼロからのヒーロー作り♪

『森羅特装 シュラバスター』の話を中心に、徒然と書いていこうと思いますp(^^)q
(注)業者対策で「書いたコメントは管理者の承認が必要」な設定にしています。せっかくコメント頂いてもすぐにはUPされませんがご了承くださいm(__)m
40℃
0

    勤務地である名古屋で本日ついに気温が40℃を越えたそうです。名古屋では観測史上初めての事らしいです。

    あー、だからお昼休みに外に出たら『うわ、熱波?』と思ったわけだなるほど。

     

    で、自分は今朝ちょっと寝坊して朝食を摂らずに家を出て(職場でカロリーメイトを食べました)電車に乗ったら、もともと副鼻腔炎(昔は蓄膿症って言ってたやつですな)持ちで鼻の奥に常に何かが引っ掛かってる感じがあるのですが、それが固くなったのか出すことも飲み込むことも出来なくなり、呼吸がつらくなったものの目的地まであと1駅だったので、立って(座ってるよりも立ってるほうがまだマシだったので)やり過ごしました。

    職場に着いてもまだ呼吸がつらく、これ仕事になるんかいな?と思ったのですが、そこで少し視界が白くなりかけたところで『わかった、これ脱水だ!』と気付いてミネラル入り麦茶600mlを飲み干したら少しして楽になりました。

    世間的には熱中症の危険性がよく言われていますが、その前段階と言うか、脱水症についても気をつけないといけないよ?と学習した今日この頃です(苦笑)

     

    この暑い中を外に出て仕事する営業さんや工事現場の皆さん、本当にお疲れ様です。くれぐれも体には気をつけて…m(__)m

    23:59 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    1周年
    0

      今日・8月1日で今の会社に入社して丸1年になりました。

      それまで13年勤めた会社を辞め、そこまで積み上げたものも捨てて一からやり直すには年齢的な不安が大きくのしかかって来てましたが、それでも縁あって退社翌月には今の会社に決まり、心配よりも『今より悪くなることはないだろう』という妙な前向き姿勢で入社に臨んだのを覚えています。

      バリバリの営業会社でコテコテの体育会ノリに圧倒されることも多々ありますし、前職と違って年配者も多いことで気を遣う事もやはりありますが、でも一定の時間までに帰れることで毎日娘を風呂に入れてやりますし、土日がきちんと休めるおかげで土曜日のショーの依頼を断らなくて済むようになりましたし、収入も前職が低かったとはいえ約1.4倍ぐらいにはなりそうです。

      今の環境に割と満足できていますが、専門性を求められる仕事をしているので『こいつは使えないな。』と思われてせっかく手に入れたものを失わないようますます精進します。この歳になっても学ぶことはいっぱいです(^^)

       

      今朝出社したときに、今日から入社するらしい人を見かけました。いろいろぎこちなくて微笑ましいのですが、ちょうど1年前は自分もあんな感じだったのかな?と思うと身が引き締まったりもします。お腹周りは引き締まってませんが(オイ)

      23:53 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      7月が終わります。
      0

        …終わっちゃうらしいです(苦笑)

        仕事の話を中心に、何だかバタバタと落ち着かない1ヶ月でした。

        家に帰っても、毎日どんどんいろんなことができるようになる娘と、それに振り回される嫁さんとでやっぱりバタついた感じで、一時は『これ、どうなっちゃうんだろう?』と不安になったりもしましたが、結局自分が出来ることなんてタカが知れてますし、嫁さんに怒られつつもちょっとずつやっていこうと思っている今日この頃です。

         

        ローカルヒーローのほうはほぼ2ヶ月開店休業状態でしたが一昨日のショーで再稼働開始、さっそく今週末にも1本、8月18日(土)には毎年恒例になってきた「旭前駅前大縁日」があり、さらに8月末にもう1本、そして9月1日(土)には「ながくて夏フェス」…と、ここから1ヶ月の間に立て続けで予定が入っています。

        嫁さんのおかげで食べるほうは順調なので、クーラー病に気をつけながら夏を乗り切ろうと思いますm(__)m

        23:41 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        2ヶ月ぶりのショーでした。
        0

          今日は名古屋市守山区(ですがかなり尾張旭市寄り)にある福祉施設の納涼祭にシュラバスターを呼んでいただきました。

          シュラバスターも自分自身も、6月3日(日)の『キャラクターフェスティバル in モリコロパーク』以来約2ヶ月ぶりのショーでしたが、特に大きく変えることもなく、普段着っぽいシュラバスターショーが出来た気がします。

          ちなみに一般の方の観覧はないクローズドショーだったので、画像や動画のアップロードも今回は自重します。悪しからずご了承くださいm(__)m

           

          施設でのショーは、ハプニング対策という点で確かに神経は使いますが、普段は外に出歩くこともままならない入所者の皆さんからしたら非常に物珍しいものでもあったと思いますし、とても喜んでもらえたという手応えはあります。

          嫁の言葉ですが、『好きな時に好きなヒーローへ会いに行ける人たちよりも、ヒーローに会いたくても会えない人たちのために“こちらから会いに行ける”ことにこそローカルヒーローの値打ちがある』という考え方が改めて身に沁みます。

          テレビで番組持ったりだとか、全国からローカルヒーローを集合させてイベントを打つだとか、派手なことは出来ません(というか出来てもたぶんやりません)が、それこそ「会いに行きたくても行けない」人たち・子どもたちのために頑張ろうと思わされます。

           

          さて来週も某施設です。一期一会で頑張ってきます(^^)/

          23:49 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          いま、どうやった!?
          0

            前の仕事の関係で、パソコンの操作にはそこそこの自信があります。もちろん専門学校などで深い勉強をしてきたSEさんやプログラマーさんたちに比べれば全然ですが、それでもアプリケーション操作だけならまずまず知っているほうだと自分では思ったのですが…

            昨日パソコンでオンゲンデキタカと戦っていたら、そこに最近なんでも興味を示すウチの娘(9ヶ月)がすっかり上手になった這い這いをしながら嬉しそうに寄ってきました。

            『あー、そうだよなー。そりゃ触りたくもなるよなー。』と言いながら、こっちも一息つく目的で出ていたウインドウを全部隠し、デスクトップ状態にして娘を膝の上に。

            案の定、キーボードをカチャカチャ触り出して、でもデスクトップ状態でしかもパッド↓

            はロックしてあるから、マウスさえ奪われなければ大丈夫だろうと思いながらのんびり構えていたら…

            突然見たこともない画面がひょっこりと(汗)しかもこれ、ロックしたはずのパッド操作が有効になってしまうらしく、パッドを指でなぞると画面上に同じように線が描画されていくのが娘的には面白かったようで、楽しそうにパッドをスリスリしてます。

            一方こちらはというと『こ、この画面どうやって出した!?』と、答えられるはずもない娘にガチで質問しているありさまで(苦笑)

             

            結論。パッドの手前にある2つのボタンを左右同時に押すと現れるそうです(←あとで調べた)。パッドだけロックして、ボタンをロックし忘れていたようですが、いやーしかしパソコンって奥が深い(苦笑)。

            自分が知っていることだけがすべてだと思ってはいけませんね。0歳児の娘に勉強させてもらいましたm(__)m

            23:58 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

            08
            --
            1
            2
            3
            4
            5
            6
            7
            8
            9
            10
            11
            12
            13
            14
            15
            16
            17
            18
            19
            20
            21
            22
            23
            24
            25
            26
            27
            28
            29
            30
            31
            --
            >>
            <<
            --